saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

真冬の種蒔きから約70日目、ナバナ3度目の収穫 (プランター栽培)!

f:id:saienyosiko:20200214103225j:plain



こんにちは。

 

12月はじめに種蒔きしたナバナ(菜花)が種蒔きから約50日で花芽を付けはじめて、種蒔から約55日目には待望の一握りほどの花芽を収穫!

 

f:id:saienyosiko:20200126125312j:plain

 

 最初の収穫。

f:id:saienyosiko:20200206130913j:plain

 

すくすく成長。。

 

f:id:saienyosiko:20200214103733j:plain

 

f:id:saienyosiko:20200214103759j:plain

 

 2回目の収穫。

f:id:saienyosiko:20200214103818j:plain

 

種蒔から約70日目には3回目の収穫。

虫食いの跡もなく、青々ときれいな葉に感動!

無農薬栽培をするには、葉物野菜の場合は冬こそ良い時期ですね~。

f:id:saienyosiko:20200214104444j:plain

 

花芽がつきだすと、待っていたかのように新しい花芽がニョキニョキ出てきます。

プランター3個に種蒔きして、3回の収穫ともに、だいたい1握りずつの収穫ができます。

 

収穫は、花芽の下10~15センチの茎のところを手でポキっと折って収穫です。

 

まだまだ、これから収穫しますので、追肥として2週間(表示を確認)ごとに液肥を与えます。

使用している液肥は1週間に1回の追肥をする、と記載されていますが、今のところ2週間に1回の追肥で間に合っているようです。

 

肥料が不足していると葉の色が薄くなってきますので、葉の色が薄く感じるようになったら1週間ごとの追肥を考えることにしようと思います。

 

追肥は、化成肥料やぼかし肥の選択肢もありますが、次々と花芽を収穫するナバナ(菜花)には、プランター栽培の場合は即効性の面で優れている液肥が適当です。

 

庭で、真冬のナバナ収穫は嬉しいですね~。

しかも、無農薬・・・家庭菜園生活は止められません!

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎