saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

シュンギク(春菊)栽培・・・プランター栽培 (冬の種蒔きは発芽気温に注意して)・・種蒔き、

f:id:saienyosiko:20191202131055j:plain

 江の島 Enoshima

 

 

こんにちは。

 

毎年、秋の終わりころ、虫たちの姿を見かけなくなったころに、シュンギク(春菊)の種蒔きをします。

 

真冬、度々登場する鍋物に色を付ける程度に必要なシュンギクは、寒い真冬には高額になるので、必ずプランターで栽培することにしています。

 

例年11月中旬頃の種蒔きですが、今年は吞気に構えすぎて12月に入ってしまいましたが、種蒔きすることにしましょう。

 

f:id:saienyosiko:20191202132023j:plain

f:id:saienyosiko:20191202132236j:plain

 

冬の庭は日当たりが悪いので、日当たりの良いところに移動できるプランターで栽培しています。

 

寒い時期の種蒔きは、発芽適温に注意が必要です。

気温が低い時期ですので、日当たりの良いところを選びましょう。

 

種袋裏に、発芽適温15℃~25℃、と記載されていますので、今の時期12月ですと、保温をして発芽できる環境を作ります。

 

 

種蒔き

 

プランターのサイズ・・・横63センチ×幅24センチ×高さ19センチ

 

@ プランター底に鉢底石を2センチほど敷きます。

 

@ プランター上部から約3センチ下まで野菜培養土を入れます。

 

@ たっぷりの水やりをします。

 

@ プランターに深さ5ミリ程の溝を2本作ります。

 

f:id:saienyosiko:20191130233610j:plain

 

@ 1センチほどの間隔で種を撒きます。

 

@ 5ミリほどの土をのせて、種と土が密着するように手で鎮圧します。

 

@ 日中、高温になり過ぎないように、ビニール中央に2センチほどの穴を開けてプランターに被せます。

 

f:id:saienyosiko:20191201154213j:plain

 

@ 混みあってきたら、株間5~8センチを目安に間引きして成長させます。

 

 

以上でシュンギクの種蒔き作業は終了です。

 

約4週間で収穫、と記載されていますので、お正月過ぎあたりには収穫できるでしょうか!?

発芽さえすれば、あとはグングン成長してくれます。

 

シュンギクは、主枝に5~6枚の葉を残して収穫すれば、再度成長して収穫可能な便利なタフな野菜です。

 

種蒔き1か月後から3週間~1か月ごとに化成肥料、もしくは2週間ごとに液体肥料の追肥をすれば、長期に収穫できる真冬の優秀な食材ですよ~。

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

f:id:saienyosiko:20191211141426j:plain

 おまけ (江ノ島駅にあるガチャガチャ)