saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

シュンギク(春菊)栽培・・・プランター栽培 (冬の種蒔きは発芽気温に注意して)・・種蒔き、発芽、その後の成長、

f:id:saienyosiko:20191202131055j:plain

 江の島 Enoshima

 

 

こんにちは。

 

毎年、秋の終わりころ、虫たちの姿を見かけなくなったころに、シュンギク(春菊)の種蒔きをします。

 

真冬、度々登場する鍋物に色を付ける程度に必要なシュンギクは、寒い真冬には高額になるので、必ずプランターで栽培することにしています。

 

例年11月中旬頃の種蒔きですが、今年は吞気に構えすぎて12月に入ってしまいましたが、種蒔きすることにしましょう。

 

f:id:saienyosiko:20191202132023j:plain

f:id:saienyosiko:20191202132236j:plain

 

冬の庭は日当たりが悪いので、日当たりの良いところに移動できるプランターで栽培しています。

 

寒い時期の種蒔きは、発芽適温に注意が必要です。

気温が低い時期ですので、日当たりの良いところを選びましょう。

 

種袋裏に、発芽適温15℃~25℃、と記載されていますので、今の時期12月ですと、保温をして発芽できる環境を作ります。

 

 

              目次

 

                種蒔

                発芽

                         その後の成長

                                        

種撒き 

 

プランターのサイズ・・・横63センチ×幅24センチ×高さ19センチ

 

@ プランター底に鉢底石を2センチほど敷きます。

 

@ プランター上部から約3センチ下まで野菜培養土を入れます。

 

@ たっぷりの水やりをします。

 

@ プランターに深さ5ミリ程の溝を2本作ります。

 

f:id:saienyosiko:20191130233610j:plain

 

@ 5センチほどの間隔で4~5個ずつ種を撒きます。

 

@ 5ミリほどの土をのせて、種と土が密着するように手で鎮圧します。

 

@ 日中、高温になり過ぎないように、ビニール中央に3センチほどの穴を開けてプランターに被せます。

 

f:id:saienyosiko:20191201154213j:plain

 

@ 混みあってきたら、株間7~10センチを目安に間引きして1株ずつ成長させます。

 

 

以上でシュンギクの種蒔き作業は終了です。

 

約4週間で収穫、と記載されていますので、お正月過ぎあたりには収穫できるでしょうか!?

期待度高過ぎ?

発芽さえすれば、あとはグングン成長してくれます。

 

シュンギクは、主枝に5~6枚の葉を残して収穫すれば、再度成長して収穫可能な便利なタフな野菜です。

 

種蒔き1か月後から3週間~1か月ごとに化成肥料、もしくは2週間ごとに液体肥料の追肥をすれば、長期に収穫できる真冬の優秀な食材ですよ~。

 

 

発芽

 

種蒔から10日後に発芽しました。

この綿毛のようなものがシュンギクの(春菊)の芽です。

f:id:saienyosiko:20191221181325j:plain



種蒔から18日後には、シュンギク(春菊)らしくなってきました。

 

f:id:saienyosiko:20191221181655j:plain

 

これから成長著しいと期待を込めて、ビニールハウスを本格的なものに変更です。

ホームセンターで自由に曲がる支柱と 100円ショップで布団圧縮袋を購入。

 

これから、苗の背丈が大きくなるので、支柱を交差させてその上に布団袋を被せました。

日中の気温上昇を抑える為に中央に3センチほどの穴を開けます。

 

自由に曲がる支柱。

f:id:saienyosiko:20191221182105j:plain

 

こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191221182141j:plain

 

黄色の丸印のように3センチほど穴を開けました。

f:id:saienyosiko:20191221182212j:plain

 

すでにお鍋の季節!

早く成長して欲しい~!!

 

発芽してからは日々成長が分かるくらいです。

種蒔24日後の成長ぶり。

ミニビニールハウス?の外側から移したものです。

f:id:saienyosiko:20191226101813j:plain

 

種蒔から25日目、目に見える成長ぶり。

f:id:saienyosiko:20191227175649j:plain

 

種蒔から1か月もすれば、追肥を開始しても良い頃ですね~。

追肥も足りないくらいが良い、と思っているのでもう少ししてから追肥することにします。

 

種蒔から45日後の成長

 

1日ごとに成長がわかるようで、7~8センチまで成長しました。

f:id:saienyosiko:20200118120716j:plain

 

成長して混みあっているところは株間7~8センチほどに間引きしました。

間引き菜は、今晩の味噌汁に色どりに添えましょう。

f:id:saienyosiko:20200118120826j:plain

 

種蒔から45日を経過しましたので、そろそろ追肥をはじめます。

間引き後に、液肥を与えました。

 

液肥は、固形の肥料に比べて即根から吸収されるようですので、プランター使用時は液肥を選ぶこともあります。

 

何しろ種蒔き時期がだいぶ遅れてしまったので・・・。

 

液肥の使用法の記載を見ると、1週間に1度の使用、と記載されていますが、害虫除け等を考えて、肥料は少なめに、を心がけて2週間に1度の使用にしています。

 

野菜の葉色がうすすぎるでしょ~というときは肥料不足ですので、その時は肥料を与えるくらいにしていますが、滅多にそういったことはないですね~。

 

やっとここまで成長したシュンギク(春菊)ですが、春先の収穫に間に合ってほしいところです。

 

もう半月くらい前に種蒔きすれば・・・と後悔後悔! 😞

 

 シュンギク(春菊)はナメクジ被害もほとんど感じず、発芽さえすれば良く成長してくれるタフな便利葉物野菜です。

 

この後、随時の報告としましょう。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎