saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

ネギの土寄せは、成長点に注意して!

f:id:saienyosiko:20191004110918j:plain

 

 

こんにちは。

 

酷暑時期を除けば、春から秋までいつでも種蒔きできるネギ。

ネギは1年中重宝する食材なので、切らさずに種蒔きして庭の隙間に植わっています。

 

コンパニオンプランツとしても有能なくらいに害虫除けにもなるネギなので、芽が出れば育てやすい植物です。

 

ネギを育てる上で、土寄せ作業はつきものですね。

まったくの初心者だったころ、当然土寄せについての知識もなかったころで、ただ苗の根元に土を寄せるだけ・・ということくらいの知識しかありませんでした。

 

しかし、ネギの土寄せは、大事なポイントがあるのです。

このポイントを無視して土寄せしてしまうと、最終的に苗は枯れてしまうのですよ~。

 

 

土寄せ時の大事なポイントとは・・

 

ネギの葉別れしている箇所を土に埋めない、ということです。

葉別れしている箇所を成長点といって、この成長点が地表に出ていて太陽を浴びることで苗が成長するのです。

 

ですので、土寄せする場合は、葉別れした成長点の2~3センチ下のところまでを目安に土を寄せます。

 

矢印が、成長点。

f:id:saienyosiko:20191018142120j:plain

 

この生長点を土に埋めることなく成長途中の数度の追肥・土寄せ作業をすることで、立派な美味しいネギができあがります。

 

食材としては、冬は鍋物、夏は薬味にと1年中活躍する、いつでも庭に植えておきたい野菜ですね~。

 

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎