saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

ニンニク栽培は・・・種選びと肥料! 品種選び、土づくり、植え付け作業、発芽 

f:id:saienyosiko:20190906104804j:plain

 

 

こんにちは。

 

そろそろ、ニンニク種の植え付け、タマネギの種蒔きと、我が家の庭の隙間菜園にとっては、主役級の野菜栽培の季節がやって来ました!

 

始まる前から、ワクワク! 😃

 

結構高額な国内産ニンニクは、滋養強壮、抗菌作用、抗がん作用、などと謳われるパワフル野菜で、保存も可能なので、自家栽培できれば嬉しいですね~。

 

パワフルなニンニク、長期間の栽培になりますが、虫も付きにくく、管理は2回の追肥と草むしり、と至って手間のかからない野菜なのです。

 

そろそろ植え付け時期ですので、ニンニク栽培について綴ってみたいと思います。

 

9月中旬から植え付け時期で6月頃が収穫時期と言われていますが、我が家は10月上旬~中旬くらいの植え付けで5月末に収穫、になります。

 

植え付ける前に、環境にあった品種を選ばなくてはなりませんね。

 

 

              目次

 

               品種選び

               土づくり

               植え付け作業

               発芽

 

 

ニンニクの品種選び

 

この辺りのスーパーで見かけるニンニクは、青森県産か香川県産です。

この2つの品種は異なっていて、青森県産ニンニクは 暖かい土地を好まない 品種で、香川県産ニンニクは 暖かい土地を好む 品種です。

 

ここ神奈川県沿岸部は、気候的には暖かい土地を好む香川県産のニンニクが適しているかと思うのですが、使い勝手が良いという理由で、1片が大きい青森県産ニンニクを毎年栽培しています。

ちなみに、近くの農家さんは香川県産ニンニクを栽培していますので、どちらのニンニクも栽培可能地域なのだと思います。

 

まずは、環境にあったニンニクの品種を決めましょう。

 

我が家流は、植え付け2日前にはスーパーで青森県産ホワイト6片ニンニクを購入しておきます。

店頭で売られているものは、多少冷蔵されているようなので、2日前に購入して常温に戻してから植え付けるようにしています。

 

ホームセンターで種ニンニクが売られているのですが、販売時期終了のころの売れ残りにしか出会わず、変色した傷のある種ニンニクしか見かけないので、スーパーで購入となってしまうのです。

 

スーパーで購入した種ニンニクで、不都合を感じたことがないので・・・まあ、良し!としています。

 

今年はホームセンターで種用として売られている奈良県産とスーパーで売られている千葉県産のニンニクを準備しました。

 

スーパーで、青森県産のニンニクの代わりに千葉県産のものが売られていたので、今年は千葉県産です。

ここ関東沿岸部の気候を考えると、千葉県産のニンニクのほうがより適しているとは思いますが・・。

 

左の小さいほうがスーパーで購入の千葉県産、右の大きい方がホームセンターで購入の種用の奈良県産。

f:id:saienyosiko:20191004113744j:plain

 

 

 

 

土づくり

 

畝長さ1.8メートル×横1.2メートル×高さ10センチ

 

ニンニク栽培は長期間になるので、元肥(最初の肥料)は多めに入れるのがポイントです。

また、日当たりの良しあしはニンニクの肥大を左右しますので、日当たりの良い場所が好ましい場所と言えます。

 

@ 畝全体を深さ10センチほど掘り起こし、ゴミビニール袋1.5袋くらいの落ち葉を掘り起こした溝に敷いて、発酵剤入り(ラクトヒロックス)いりぬか3握りを、敷いた落ち葉全体に振りかけ、掘り上げた土を戻します。

 

こんな感じに、落ち葉を敷いて発酵剤(ラクトヒロックス)入りいりぬかを撒きます。

        f:id:saienyosiko:20190913114624j:plain

 

発酵剤入りいりぬかと落ち葉は腐葉土などの堆肥の代用ですので、耕した土壌に腐葉土などの堆肥と肥料をすき込むことと同じです。

堆肥を使用する場合は1メートル四方あたり3~5リットルを目安にすき込みます。

 

@ 土表面全体に有機肥料を4握り撒いて、土表面を軽く耕す感じにならします。

有機肥料は、チッソ8、リン8、カリ8、または、チッソ6、リン6、カリ6、と表記されている栄養素が均等なものを選んでいます。

 

ここまでの作業は、植え付け2週間前までに済ませます。

 

@ 植え付け4~5日前に、土表面全体に草木灰を4握り撒いて軽く土表面を混ぜてなじませます。

 

 

以上で、土づくり作業は完了!

 

 

植え付け作業

 

植え付けは9月中旬~10月末くらいまでが適期ですが、寒冷地では早めに植え付け、暖地では遅めに、と、栽培地域によって植え付け時期が半月ほど異なります。

 

ニンニクの発芽気温は20℃と言われ、ここ関東沿岸部では10月初旬~10月下旬くらいが植え付け適期と考えて良いでしょう。

 

マルチ使用の場合は、マルチ張りをします。

 

@ 1球を1片づつにします。

 

こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191004114357j:plain

 

@ 15~20センチ間隔、深さ5センチに、尖った方を上方に向けて土中に挿し込みます。人差し指と親指でニンニク種をつまんで、土中に押し込み、人差し指第2関節まで押し込むと深さ5センチ程度になります。

 

f:id:saienyosiko:20191004132747j:plain

 

f:id:saienyosiko:20191004132802j:plain

 

f:id:saienyosiko:20191004132818j:plain

 

@ 土を被せて手や足裏で鎮圧します。栽培期間が長いので、強風等で横倒れにならないように根張りを良くして成長を促進させるため、この鎮圧は大切です。

 

片足で鎮圧しました。

f:id:saienyosiko:20191004132842j:plain

 

@ たっぷり水やりをします。

 

 

以上で、植え付け作業完了です。

 

約2週間後、ニョキニョキ発芽します。

発芽までは、土が乾燥したら水やりをします。

 

発芽後は雨任せで水やりは不要ですが、プランター栽培の場合は乾燥したら水やりが必要ですね。

 

これまでは、マルチもせずにそのままで収穫に至っていましたが、今年はマルチの代わりに、刈った芝を植え付けした上にかぶせて泥はね等による病気感染予防をしてみます。

 

こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191004132941j:plain

 

 

発芽

 

ニンニクの種植え付けから1週間後、ホームセンターで購入した奈良県産の種が発芽しました。

 

f:id:saienyosiko:20191013145912j:plain

 

発芽したての芽は、ニョキッとしています。

f:id:saienyosiko:20191013145957j:plain

 

スーパーで食用として販売されている千葉県産のニンニクの発芽はまだ見られません。

 

 

この後、随時の報告としましょう。

 

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎