saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

冷蔵庫で、毎日かき混ぜる心配のない、手軽なぬか床の管理 & 手入れ

f:id:saienyosiko:20190719103107j:plain

 

こんにちは。

 

以前、ぬか床を作って青カビが生えてきて失敗したことがあります。

毎日ぬか床を混ぜる、という作業が苦痛で途中放棄してしまったのでした。

 

ですが、健康を気にするここ最近、ぬか漬け1品に含まれている栄養素が優れものである、ということを再認識し、再び、昨年、ぬか床を作りました。

 

我が家では、ぬか漬けは、主に春から秋にかけては美味しくいただくのですが、冬になるとなぜか、ぱったり食べなくなってしまうのです。

 

体に良いのは分かるのですが、その冬の期間、ぬか床をどうやって保管したらよいか、毎日かき混ぜることなく手間要らずで・・がぬか床を継続する上で最大の問題でした。

 

それで、昨年の晩秋から今年の春まで、冷蔵庫に入れて保管してみました。

今年の春、恐る恐るふたを開けてみると、カビも生えずに使用可能状態で持ちこたえていました。

おかげで、毎日美味しいぬか漬けをいただいています。

 

そこで今日は、我が家のぬか床について、記してみたいと思います。

と言っても、市販で売っていた、既に出来ているぬか床 を購入したのですが・・。

原材料の表示には、米ぬか、塩、昆布だし、  と記載があったと思います。

一応、市販品でも長く使う予定なので、できるだけ添加物のない原材料にこだわったもの、を選びました。

 

 

我が家のぬか床・・

 

 

f:id:saienyosiko:20190720132002j:plain

 

既に仕上がっているぬか床ですが、種を取り除いた乾燥しているトウガラシ3本と収穫できたニンニクを5片ほど皮を剥いて一緒にタッパーに入れて、よく混ぜ合わせました。

 

初日は、サッと洗ったキャベツを軽く水分を切って、ぬか床に入れて1日置きました。

これは、野菜の持っている乳酸菌を糠に吸収させて、より発酵させ美味しい漬物を作るための作業です。

キャベツを取り出して、購入翌日から、通常どおり野菜を漬けました。

 

f:id:saienyosiko:20190719113714j:plain

 

f:id:saienyosiko:20190719114035j:plain

 

使用している期間も、使用していない期間も1年中、冷蔵庫で保管しています。

 

真夏は、漬ける時に冷蔵庫から取り出して野菜を入れ、冷蔵庫に戻します。

漬け上がった野菜を取り出して、糠をよくかき混ぜたら、また冷蔵庫に戻します。

 

冷蔵庫から取り出したばかりの糠は、空気を含んでいないような、と言ったらよいのか、ぺったら、な感じなのですが、冷蔵庫から取り出しかき混ぜて野菜を入れ常温に置いておくと、空気をいっぱい含んだようなふわっとして生クリームのようなかんじに糠が変わっていることに、最初のころは、糠は生きているのだ~、と実感させられました。

 

ぬか床は、毎日野菜を漬けてかき混ぜることで、発酵がすすんでより美味しくなるのだそうです。

 

そうは言っても、毎日かき混ぜるのは大変ですね~。

冷蔵庫に入れておくと、ぬか床を使用しない日は、かき混ぜなくても大丈夫なんです。

真夏、1週間程度、冷蔵庫に放置状態でも問題ないです。

ですので、冷蔵庫に入れてあれば、毎日のかき混ぜ、を心配する必要がなくなり、簡単に管理できて便利ですよ~。

 

今の時期ですと、冷蔵庫からぬか床を取り出して、塩もみしたキュウリを入れて4~5時間後には漬け上がっていますよ~。

漬ける前の 塩もみ、 このひと手間にも意味があって、野菜の色が鮮やかになり美味しそうに見えること、野菜に糠が浸透しやすくなりより味わい深いぬか漬けになる という効能があります。

 

 

長期間使用しないぬか床の管理

 

我が家では、晩秋から春までぬか床を使用しないので冷蔵庫に入れっぱなしです。

冷蔵庫に長期間放置する際、1つすることがあります。

 

糠の表面全体に、糠が見えなくなる位に薄く塩をかけます。

 

この塩で糠の表面全体を覆うことで、春までカビが生えるのを防いでくれます。

再び、使用するときは、糠表面を薄く削るようにして塩の濃い部分を取り除きます。

 

ちょっと味見をして、糠の塩分が強すぎるようでしたら、市販の いりぬか を適当に加えて混ぜ調整します。

これで、ぬか床 復活です!

 

我が家のぬか床 手軽に作ってみてはいかがでしょう?

 

 

 栄養豊富なぬか漬け

 

ぬか漬けは、野菜を米ぬかに漬け込むことで野菜の栄養と米ぬかの栄養の両方を摂れることになります。

また、糠に漬けることで、もともとの野菜の持っている栄養素が数倍になるのも、ぬか漬けが栄養豊富と言われる要因になるのでしょう。

 

ぬか漬けに含まれる主要栄養素は、酵素、植物性乳酸菌、カルシウム、ビタミンB、タンパク質、等で、その中でも、酵素と植物性乳酸菌は、ぬか漬けを代表する栄養素です。

 

酵素の働きは・・代謝を良くし、消化、吸収、を助け、若々しい体を保つ働きをします。

植物性乳酸菌の働きは・・善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きをします。

 

これら豊富な栄養素を含んでいることから、がん予防、糖尿病予防、便秘解消、美肌効果、等、の効果があるとされています。

 

ですが、くれぐれも、塩分が多いので食べ過ぎにはご注意ですね。

 

 

                 本日はこれにて失礼いたします~。🎎