saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

手間いらずのアスパラガス収穫!

f:id:saienyosiko:20190531211156j:plain



こんにちは。

 

アスパラガスが芽を出したのは、4月初旬でしたが、食べれるくらいの太さには至らず、やっと、1本収穫です。

 

アスパラガスの植えてある場所は、1年に一度(ニンニクと一緒に植えてある場所のためニンニク植え付け時期)の土づくりで手間いらずで収穫できています。

 

f:id:saienyosiko:20190425161618j:plain

 

f:id:saienyosiko:20190425161654j:plain

 

人差し指より細い位の太さで上出来!

1本を家族で分け合って大事に食べました。

 

この株は昨年、欲を出し太いものは全部収穫してしまったのです。(欲深者は損をする。)

通常4月、5月に成長したアスパラガスは収穫し、6月以降は収穫せず翌年の収穫に備え太陽を沢山吸収させ株を充実させる、と言われます。

しかし、昨年めいっぱい収穫してしまったので太く立派なアスパラガスはあまり期待できないようです。😢

 

それならばと、さらに2根株植え、もう2株位追加したい、と欲深者は考えているのであります。

草ぼうぼうの隙間もほとんど野菜畑になってしまい、隙間もほとんどないけど~?

たくさんアスパラガスが食べたい!

 

私流、今後のアスパラガスの手入れ・・・

畝長さ1.5メートル×幅80センチ。

 

@ アスパラガスは背丈25センチくらいが収穫目安、手でポキっと折れます。

 

@ アスパラガスは1メートル以上の背丈に伸びるので、倒れ防止にひもでくくる等、対策が必要です。

 

@ ニンニクも一緒に植えてあるので、9月初旬に有機質肥料を撒き、ポリバケツ1杯の落ち葉を敷き、発酵材(ラクトヒロックス)入りいりぬかを落ち葉表面に薄く均等に撒き、落ち葉が隠れるよう野菜培養土(14ℓ)を1.5袋~2袋かけます。

1年に1回の土づくりで肥料多めに豊かな土壌を目指します。

 

@ 追肥は、ニンニクに合わせ2月初旬、3月初旬、のみ。

 

新たに追加し2株植えたアスパラガス畑(畝長さ90センチ×幅50センチ)も同様の手入れをします。(こちらは、ショウガとコラボ予定。)

 

こんな感じで、追肥回数が少なく手抜きのようですが、いまのところ問題は感じないです。

 

1ヶ月後、ニンニク収穫です。待ち遠しい~。😃

 

 

               本日はこれにて失礼いたします~。🎎