saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて10年目です。虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

葉ネギ発芽!・・・コンパニオンプランツとしての働きもあるお役立ち野菜

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

種蒔きから4日を過ぎ、しっかり発芽の様子を見せる葉ネギ。

 

葉ネギの種袋裏には、種蒔から発芽まで10日くらいが目安、と記載されていますが、

3月~10月までの春先から秋口までと 種を撒く時期が長期に渡っているので、発芽気温20~25℃の最適気温時期に種蒔きすると種まき後3~4日で発芽が見られ、気温が低い3月や10月などの種蒔き時は、発芽まで10日ほどかかるということですね。

 

f:id:saienyosiko:20200721125355j:plain

 

葉ネギは薬味として利用する事が多いですが、干しネギ苗にして再度植え付けして株を大きくする、ということもできます。

 

干しネギ苗とは、春に種蒔きして育てたネギ苗を7~8月に掘り起こして、1か月間風通しの良いところでネギを吊るして乾燥させてカラカラ状態にさせたものです。

 

吊るす場所は日陰の風通しの良い場所と言われますが、普通の住宅ではそういった場所はないですね~。

 

そこで昨年、掘り起こした苗をプランターの上に並べて日中は太陽ギラギラのところに出して、夜は雨降りを避けるために物置に取り込んで管理しました。これを繰り返したところ、苗がカラカラに干からびるまで約1か月。

 

左写真の苗が、1か月の間太陽にさらされて右写真のカラカラ苗に出来上がり~!

f:id:saienyosiko:20190814183543j:plain
f:id:saienyosiko:20190913113226j:plain

 

詳細に関しては、以前記載しましたので省略しますが。

 

そのカラカラ干からびた苗を植え付け後、噂通り超高速で成長を遂げました。

日陰がなくても、太陽ギラギラの下でも干し苗は出来上がるようです。

 

大丈夫?と思うほどに干からびたこの苗ですが、侮るなかれ! ・・その再生力は素晴らしく、目を見張るほどあっという間に太いネギに成長するのです。

 

カラカラ状態の苗には再生するためのエネルギーが蓄えられていて、土中に埋めるとそのエネルギーが爆発したかのように急成長をするのです。

 

その成長ぶり、みなぎる生命力を、是非1度見ていただきたいと思うくらいです。

 

ネギ苗は、間引きした苗を別の場所に移し替えても簡単に根付きますし、また、キュウリやナス苗の病害虫除けに一緒に植え付けするという使い方もできます。

 

他の野菜苗と一緒に植え付けして病害虫を予防し、共に成長できる植物をコンパニオンプランツと言います。

 

 

 

ネギはコンパニオンプランツの代表ともいえる植物でもあります。

たとえば、キュウリ1苗と一緒に2~3本のネギ苗を植え付けするとキュウリの葉を食害するウリハムシ除け効果があったり、ナス苗と一緒に2~3本のネギ苗を植え付けするとナス苗の青枯病を予防する働きがあったりします。

 

薬剤使用をしないで野菜を育てる場合、コンパニオンプランツを利用しない手はないですね~。

良く知られているのは、トマトの代表的なコンパニオンプランツとして食べても相性の良いバジルですね。

 

植物もうまく共存しながら成長しているということでしょうか!?

なにかと便利なネギ、冬にたくさん収穫できたらお鍋に大活躍ですね~。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

ナスの剪定・・・強風雨で疲れた株を剪定して秋ナスの準備

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

ここ1か月の間くらいでしょうか、雨と強風続きで夏野菜たちの葉は茶色に枯れて、梅雨が終わらないうちにヨレヨレになって、夏野菜というからにはこれからが本番であるにもかかわらず、あまりにひどい状態です。

 

キュウリ苗は、新しく植え付けして早くも小さい実を付け始めました。

ナスの苗はどうしたものか??

強風しかも長雨のせいで、あちこち葉が破れたり枯れたり、何と言っても葉の枚数が少ないです。

1か月ほど、いや2か月近く?太陽が顔を出していませんからね~。

 

写真では良く分かりませんが、だいぶお疲れモードの株、葉が小さく枚数も少ない状態。

f:id:saienyosiko:20200720161747j:plain

 

ナスは秋ナスが美味しい、といわれるほど、真夏を過ぎて美味しくなる時期がやって来るはず、と考えると思い切って剪定することにした方が良さそうです。

 

8月あたりにしっかり剪定をして、美味しい秋ナス収穫の準備をする、というのは良く知られた剪定法です。

 

 

 

秋ナス収穫準備の選定

葉が出ている上の位置のところで、すべての枝を1/2ほどの長さに切り落とします。

 

痛んだ葉も切り落として、だいぶスッキリしました。

f:id:saienyosiko:20200720162910j:plain

 

剪定後、化成肥料もしくは、ぼかし肥を1つかみ(10g)、または液体肥料を適量追肥します。

 

新しい芽が伸びてきて、9月初め頃~10月頃まで再度収穫できるようになります。

 

 株が弱ると病気や害虫に侵されやすくなります。

 

枝からヘタの部分が白っぽくなっています。

f:id:saienyosiko:20200720164658j:plain
f:id:saienyosiko:20200720164714j:plain

 

 これは、チャノホコリダ二という小さなダニの被害によるものです。

実が被害にあうと、ケロイド状になって硬くて食べられなくなります。

被害を見つけたら、他の部分に影響が出ないうちに切り取って処分します。

 

 まだ梅雨も終わっていない時期にすっかり弱ってしまったナスの株ですが、美味しい秋ナス収穫のため、是非復活して欲しいところ。

 

ナスは高温多湿な環境で良く育つ、肥料と水分が大好きな植物です。

なんといってもインド原産ですから。

 

梅雨が明けると一気に乾燥状態になりますので、特にプランターの場合は水やり作業が大変になってきますね~。

 

また、乾燥状態になるとアブラムシやハダニが新芽や葉の裏に付きやすくなります。

水やりする際は、葉ごと洗い流すように水やりするとアブラムシやハダニ予防対策になります。

 

アブラムシやハダニが付着すると、養分を吸い取られるだけでなく、病原菌の感染の原因にもなります

 

見つけたら、強めのシャワーで洗い流してしまいましょう。

 

美味しい秋ナスを食べるためには、手間がかかりますね~。

 

 

ちなみに・・剪定したナスの株のその後は・・というと、剪定10日後にはV字復活!

青々とした葉がみるみる大きくなり、花まで咲き出しています。

 

周りに雄しべをはべらせて、真ん中に1本雌しべが突き出ているのが分かります。

雌しべが雄しべに隠れてしまうと受粉が上手くいかず実がならないので、花が咲いたら雌しべが雄しべより出ているか見てみると良いですね。

雌しべが隠れてしまうようなら肥料不足のサインですよ~。

 

剪定から完全復活!

f:id:saienyosiko:20200807104725j:plain
f:id:saienyosiko:20200807104736j:plain

 

 

超高速で成長するナスの株には、驚き! の言葉しか見当たりません。

 

ナス株は水切れすると途端にしおれて収穫に影響を及ぼしますので、暑い真っ盛りの時期は、水切れしないように毎日の水やりを欠かせませんね~。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

プランターの土の再生に木炭・・・土と混ぜるだけで土壌改良

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

庭での野菜栽培は、プランター利用が欠かせませんね~。

地植え栽培よりもプランター栽培で収穫できる野菜の方が多いくらいです。

 

プランターで使用した土を再利用しながら、種蒔をしたり苗を植えたりしますね。

数回同じ土を利用していると、土が硬くなってきて排水性や保水性等の問題がでてきて、なかなか野菜が思うように育たなくなってきます。

 

自然素材である木炭には、土壌にすき込むと保水性や通気性が改善されるという土壌改良効果があります。

また木炭には、抗菌作用もあり病気等を抑制するという効果も期待できます。

 

 

 

物置で見つけた木炭、これは確かバーベキュー用にと10年近く前にホームセンターで購入したもの。

 

まったく使われることなく箱に閉まったまま時が経ち・・・箱を開けて中の様子をみるとカビもなくきれいな状態、さすが木炭! 抗菌作用ですか~。

 

10年近く前に購入したとは思えないほど、そっくりしています。

f:id:saienyosiko:20200719151102j:plain

 

折角の木炭、使い古しのプランターの土や畝に撒いて土壌改良を狙うことにしました。

 

使い方は簡単。

木炭を米袋のように厚めのしっかりした袋に入れて、棒で叩いてできるだけ細かくします。

プランターの土に載せて混ぜます。

 

f:id:saienyosiko:20200719151445j:plain

 

 シャベルで土と木炭を混ぜ合わせて完成!

木炭の量は土の状態によって、硬く粘土質のようになっていたら多めにする等工夫します。

 

他に堆肥、肥料、石灰を入れ混ぜて、種蒔や苗植えをします。

酸度調整材として石灰(通常は苦土石灰)を使用しますが、苦土石灰に比べると効力は低いですが木炭も同じ働きがありますので、木炭を撒いたら、石灰はやや控えめに撒きます。

 

地植えの畝作りに使用する際は、堆肥と一緒に木炭をパラパラ撒いてクワで耕して土と混ぜて出来上がり!

 

* 木炭使用の注意点として、建築物の廃材を原料にした木炭もあるので購入の際は注意したいところです。

 

これぞ、有機栽培。

 

最近は、土を再生する資材も販売されていますので、古い土を有効活用できるといった家庭菜園がしやすい資材が揃っていますね~。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

野性的なローズマリー・・・挿し木して簡単に根付く

 

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

庭の数か所に植え付けしたローズマリーは、地植えとプランターで成長中。

最初の1苗だけを購入して、あとは挿し木したものです。

虫除け(特に、蚊)効果を期待して、植え付けしたもの。

 

挿し木する際に心がけているただ1つのこと・・雨上がりの晴れた、土が水分をたくさん含んでいる日を選びます。

水分をたくさん含んだ土に、ローズマリー株の先端から10~15㎝ほど下のところをハサミで切って土に挿すだけ。

 

土に挿したあとは、肥料をあげるでもなく水やりをするでもなく、ただ挿しっぱなしで勝手に大きくなってくれます。

なんと手間要らずのエネルギッシュと言いますか野性的と言いますか、とにかくタフな植物。

 

プランターに挿しただけのローズマリーは今年で3年目を迎えますが、夏も気が向いた時にしか水やりしないにもかかわらず(特に太陽ギラギラの時期は、ローズマリーに水やりなどという気遣いはできるはずもなく)、カラカラなプランターの中で枯れ果てることなく少しずつ成長しているのです。

 

 

 

今年は梅雨の時期、連日の雨、雨、雨、で、ローズマリーの成長が顕著です。

 

まったく放任状態で育つローズマリーとは、写真のような形になります。

ローズマリーは病害虫被害の心配がほとんどない植物ですが。右写真はうどんこ病かも?

風通しが良くない場所ではうどんこ病も発生します。右写真の場所は北側で風通しも良くありませんね~。

 

f:id:saienyosiko:20200718155829j:plain
f:id:saienyosiko:20200718155847j:plain

 

ローズマリーは、切り落としたところから枝分かれして枝数が増える特徴があります。

剪定を繰り返して多少の肥料を撒くと、こんもりした素敵な株になります。

 

プランターに間延びしたローズマリーを、こんもり美しい株にするため剪定してみました。

先端を切り揃えた剪定後の姿が右写真。ついでに1つかみ(10g)の化成肥料を撒きました。

f:id:saienyosiko:20200718160803j:plain
f:id:saienyosiko:20200718160814j:plain

 

 

どの植物でも同じですが、切った箇所が乾かないと病気を発症する原因になるため、剪定作業は晴れた日の午前中に行うようにします。

 

料理の香りづけに使えるローズマリーは、庭に1株あると便利ですね~。

植えっぱなしでも、困るほど本数を増やして成長する植物です。

切っても切っても再生するローズマリー、1株植えてみてはいかがでしょう。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

オクラの実にアリが群がる!?

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

そろそろ収穫時期間近いオクラ。

5月末日に種蒔きをしてから1か月半を過ぎて、そろそろ花を咲かせる準備ができる頃でしょう。

種蒔きから収穫までの目安が2か月、花が咲いたら約1週間が収穫の目安。

 

株もだいぶしっかりしてきました。

 

f:id:saienyosiko:20200716150207j:plain

 

1メートルもあるかないかの小さな畝に12本の苗が成長中。

 

 

 

今年はじめて、シルバーマルチを使用してみました。

シルバーマルチはアブラムシやハダニ除けの効果があるとされているマルチです。

 

昨年、アブラムシ除けに家にあったシルバーの小さい袋を継ぎ接ぎして、地表に敷いてみたところ、効果絶大。

いつもならオクラの蕾や実は、虫たちで埋め尽くされて真っ黒になるはずが、昨年は、きれいな緑色のオクラの実が佇んでいるではありませんか!

 

オクラの実が完全に出来上がると、虫たちは次の食料を探して移動するようです。

しかし、完全な実になるまであれほどたくさんの虫が群がっているのを見ると、あまり気持ちの良いものではありませんね~。

 

シルバーマルチの虫除け効果は、噂には聞いていましたが、これほど効果があるとは・・!

 

その効果を知ってしまったので、今年はじめてマルチというものを購入しました。

しかも、シルバーマルチ、数メートルで1500円程度だったかと思います。

 

これまで2~3回、マルチを使用しましたが、小さい畝なのでゴミ袋1~2枚を使えば間に合ってしまうていど。

 

シルバーマルチのおかげなのか、今年のオクラの株は茎も太くしっかり成長しています。

マルチをすることで保湿、保温効果が高まり、野菜が成長しやすい環境になる、と言われます。

 

種蒔きから1か月半を過ぎて、株にはすでに蕾ができてガクが開き始めているのもあります。

種蒔きから2か月後が収穫時期開始の目安ですので、あと2週間ほどで収穫時期開始の頃、ちょうど1週間後には花が咲く時期になる予定なのですが。

 

いよいよ待ちに待ったオクラの収穫も近いですね~。

オクラの収穫が始まる頃は、 夏がきたー! と真夏の気配にザワザワします。

 

昨年は継ぎ接ぎだらけの自作シルバーマルチをしたので、虫たちが付かず、オクラの実はきれいな緑色のいでたち、虫たちで真っ黒になったオクラの実の写真を用意することが出来なくて残念です。

 

オクラの蕾や実に群がる最初の虫はアブラムシやハダニの小さい虫たちで、蕾や葉の汁を吸うために付着します。

そのアブラムシが出す甘い汁を吸うために、アブラムシにアリが群がるのでオクラの蕾や実が真っ黒になるということになります。

 

真っ黒の正体は、アリ というわけですね。

ですので、アブラムシが付かなければ、アリも付かないということになりますね。

 

 

 

アブラムシ等小さな虫たちは、植物の汁を吸うだけでなく病気等の感染拡大の原因ともなってしまいます。

アブラムシやハダニは乾燥していると付きやすくなりますので、水やりする際は葉ごと洗い流すようにして湿らせると、予防になります。

葉裏などにたくさん見つけたら、強めのシャワーで洗い流してしまいましょう。

流され落ちてしまったアブラムシは、再生することはないようです。

 

 これからの季節、働き者のアリは休むことなくクルクル働くのでしょう。

数日前、伸び放題になった芝の上に大きいアリの巣を発見! 巨大アリ塚?

あまりに巨大だったので、それがアリの巣であると認識するまで少しの時間を要しました。

 人生初の大きさに遭遇!

そのアリの巣、高さ6~7センチ、直径14~15㎝ほどの真ん中が空洞のプリン型をしています。

 

空洞部を覗いてみると数匹のアリがクルクルと忙しそうに動き回っています。

f:id:saienyosiko:20200717143959j:plain
f:id:saienyosiko:20200717144014j:plain

 

きれいなプリン型をした、この建造物・・・アリの建築技術の高さにひとしきり感心。

素晴らしい!!

 

さて、この巨大なアリの巣、どうしたものか?

このあとの展開を見てみたいので、このまま放置して観察したいと思うのですが。

昆虫図鑑によると、アリの巣小宇宙には、いろいろな小部屋があって、蛹の部屋や食料貯蔵庫やゴミの部屋等があるそうな。

一度拝見させていただきたいものです!

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

花が咲かないオクラの蕾・・・肥料過多の場合

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

種蒔きから収穫まで2か月が目安のオクラ、5月末日から種蒔きをはじめたので、そろそろオクラの蕾が膨らんできても良さそうな頃。

 

オクラの株はすでに相当立派に育っています。

連日の豪風雨に倒れることもなく、大きな葉を太陽に向けて元気に伸びています。

 

昨年までの株の様子とは異なっていて、今年は茎も太く葉も大きすぎるほどワサワサしています。

 

左は昨年の収穫真っ盛りの写真。 右は今年これから花を咲かせる予定の写真。

f:id:saienyosiko:20190726141454j:plain
f:id:saienyosiko:20200716150207j:plain


今年のオクラの株は、今の時期のこれまでの株と比べると、草丈も高く葉も大きく生い茂り、何と言っても茎の太さが2倍近くあるように感じます。

 

昨年は、6月はじめに種蒔きをして、花が咲き出したのが7月23日でした。

今年は、5月末日に種蒔きして、7月16日の時点で蕾がある状態。

約1週間後に花が開けば、予定通りの成長ということになりますが。

 

花が咲いたら、約1週間後が収穫の目安。

種蒔から収穫までは2か月が目安。

 

昨年は、6月はじめに種蒔き、7月23日に花が咲き、7月末に収穫、と種蒔きから収穫までぴったり2か月でした。

なんと几帳面なオクラ!

 

 

 

オクラの花が咲かない原因として、肥料不足と肥料過多があります。

肥料不足の場合は、見た目にも株がか細く弱々しいのでわかりやすいです。

 

問題は、肥料過多の場合・・・株が大きく育ち葉も大きくワサワサしていて、一見順調に育っているように見えて、種蒔から2か月が経っても花が咲かないということがあります。

この時は、花が咲かない原因は、肥料が多すぎた(肥料過多)ことによるものです。

 

茎が太く葉もワサワサしているのに、花が咲かない場合の対処法は、肥料が多すぎていることが原因ですので、花が咲くまで追肥をしないで様子を見ます。

 

雨降りごとに土中の肥料は流れ出ますので、花が咲き出してから追肥をはじめます。

 

肥料中の茎や葉の成長の栄養成分は、チッソです。

チッソ(茎や葉の成長に必要な栄養成分)、リン酸(花や実の栄養成分)、カリウム(根の栄養成分)、が野菜づくりの3大栄養成分と言われます。

 

チッソが多すぎると、茎や葉だけがワサワサ生い茂り、肝心の実が成らないという事態になってしまいます。

 

この肥料過多状態を避けるためには、チッソとリン酸とカリウム(肥料袋には チッソ、リン、カリ と記載されていることが多い)が均等に含まれている肥料を選ぶことが、一番簡単な対処法となります。

 

ホームセンターなどで肥料を選ぶ際は、チッソ8、リン8、カリ8 もしくは チッソ6、リン6、カリ6 などと肥料袋に記載されているものが分かりやすいですね。

 

また、チッソ成分が多く含まれている肥料の使用は、病害虫にも侵されやすくなります。

 

栄養不足、栄養過多、どちらも上手く育たないものです。

植物も生き物ですね~。

上手に肥料を使って、沢山収穫したいものです。

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

葉ネギ栽培(プランター)・・・1年中重宝する、育てやすい野菜、まずは葉ネギ

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

ここ最近の豪雨のせいか、野菜の値が少し上がっているように感じます。

野菜栽培をして思うことは、これだけの時間と手間がかかっているのに野菜の店頭価格は安すぎる~ということ。

しかし、消費者目線では少し価格が上がると困る~と複雑。

 

先の方が枯れて全体的にしおれている店頭の葉ネギ。

この天候では、さもありなん~と思いながらも購入する気にはなれず。

これからしばらくは野菜価格は不安定~と推測、早速、プランターに葉ネギの種蒔きをすることにしました。

 

 さて、その前に、種蒔時期はどうでしょう?

種袋裏を見ると、ここ神奈川県は中間地と考えて、3~10月くらいまでは種蒔き時期となっていますね~。

さすが、万能ねぎ、種蒔き時期も長期で万能。

 

f:id:saienyosiko:20200715160250j:plain
f:id:saienyosiko:20200715160311j:plain



 だいたいの種袋裏には、栽培するための重要事項(発芽気温や生育気温等)が記載されています。

特に発芽気温に適した時期に撒くことは、発芽できるかどうかを左右する最重要事項です。

 

また、種袋裏の栽培方法の内容に、種蒔してかるく土をかけます、と記載がありますので、通常の種蒔き後の土の厚さは約1cmのところを、5mmとします。

 

種蒔き後にかける土の厚さも、発芽できるかどうかを左右します。

種袋裏に何も記載がなければ種蒔後にかける土の厚さは約1cm、うすく土をかける、または、かるく土をかける、と記載されている時は2.5~5mmくらいを目安にします。

 

シソやミツバ等、土をかけないくらいにしないと発芽しない野菜もあるのです。

発芽は、いわば生命誕生、ですので、なかなか微妙ですね~。

 

葉ネギ栽培で利用するプランターは、深さ20㎝以上もあれば適当です。

 

 

 

栽培環境

発芽気温   20~25℃

生育気温   15~25℃

収穫まで   2~3か月

栽培場所   半日くらい日が当たる場所なら十分

 

種蒔き

  • プランター底に2cmほどの厚さになるように鉢底石を入れます。

 

  • 土を増しながら栽培しますので、プランター6分目くらいまで土を入れます。

 

  • 支柱等を利用して、表面に深さ5mmほどの2列の溝を作ります。

 

f:id:saienyosiko:20191130233610j:plain

 

  • 溝に1㎝ほどの間隔で種を撒きます。

 

  • 種に5mmほどの土をかけます。

 

  • 土と種が密着するように土表面を軽く手で押します。水分の含んだ土と種が密着することで発芽することができます。

 

  • プランター底から水が流れ出るくらいたっぷり、ジョーロでやさしく水やりします。

f:id:saienyosiko:20200715180216j:plain



以上、種蒔作業は終了です。

 

種蒔きから発芽までは7~10日ほどが目安です。

発芽までは土表面が乾燥しないように、水やりする、または、新聞紙をのせて置く等の対策をして乾燥を防ぎます。

新聞紙利用の場合、発芽後は新聞紙を取り除きます。

 

f:id:saienyosiko:20191007102937j:plain

 

間引き

発芽後は、触れ合わない程度に間引きます。

10㎝ほどの草丈になったら、芽ネギを収穫できます。3㎝間隔を目安に間引きをして、芽ネギをいただきましょう。

 

間引き作業と同時に、ネギが葉別れしている箇所が土中に隠れないようにして土を足します。

 

黄色の矢印のところを生長点と言って、生長点を土中に埋めてしまうと成長できずに枯れてしまいます。

生長点の下1~2㎝まで土を足します。

 

f:id:saienyosiko:20191003133810j:plain

 

土を足すことで、土中の白い茎の部分が長くなります。

 

ネギはタフな野菜ですので、間引きした苗は別の場所に植え付けしても、すぐ根付きますし、もちろん食べれます。

株を大きくする場合は、株間を広くして育てます。

 

追肥

種蒔の1か月後から2週間おきに、化成肥料 もしくは ぼかし肥を1つかみ(10g)、または1週間おきに液体肥料を適量撒きます。

 

野菜培養土を利用して土を足す時は、野菜培養土に栄養分が含まれているため追肥は省略して、野菜培養土を足した2週間後からまた追肥を開始します。

 

 

 

収穫

適宜収穫できますが、草丈40㎝ほどになったら本格的な収穫時期です。

株ごと引き抜き収穫もできますし、株元を残すことで再生させながら長く収穫をする、という繰り返し収穫する方法もあります。

 

繰り返し収穫する方法は、株元5㎝ほどを残してハサミで切り取り収穫し、再度葉が伸びて再び収穫できるというものです。

 

 

管理

ネギは乾燥気味な土壌を好みます。

発芽後は、土が乾燥しているようなら、たっぷり水やりして管理します。

 

ネギは、1年中重宝する野菜。

必要な時に庭でちょっと収穫・・・なんてできたら小さな幸せですね~。

 

 

少しでも役立つ情報がありましたら、嬉しい限りです。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain