saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて10年目です。虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

 新芽を食べるタイミングが異なるナメクジ と ダンゴムシ  

f:id:saienyosiko:20200102112024j:plain

富士山 (Mt.Fuji)


こんにちは。

 

最近、ダンゴムシの糞に強い抗カビ菌が含まれている、ということを発見! という記事を目にして、大興奮してしまったのは私だけでしょうか!?

 

 野菜栽培をして10年近くになりますが、ナメクジを見ると必ずそこにダンゴムシがいる、のです。 

ナメクジとダンゴムシは、住処とする場所、食性、活動時間等、とても酷似しているような気がします。

 

ナメクジとダンゴムシの類似点と言えば・・・(あくまで、庭にいるナメクジとダンゴムシの観察からですが・・。)

 

 @夜間活動する。

 @枯れた葉の下など日陰を住処とする。

 @食性はほとんど同じ雑食で、特に枯れた葉(発酵食?)と新芽を好む。

 @カフェインを嫌う。

 @スイセン等の毒を持つと言われる花やラベンダーは食さない。

 

ナメクジとダンゴムシは、枯れた葉や野菜、また、動物の糞などを好み、その一方で発芽したての新芽を好む、という食性はほぼ同じように見えます。

どちらも雑食ではありながら、発芽直後の新芽は好物で、特にインゲン類の新芽は大好物。

 

この2つの生き物の唯一明確な異なる点と言えば、新芽を食するタイミングが少しずれていることです。

 

ダンゴムシは、種まき後、まだ地表に出てない地中に発芽したての新芽をもぐって食します。新芽が地表に出る際に地面が割れてくるのですが、ダンゴムシはその割れ目から侵入して地中の新芽を食します。

 

ダンゴムシは地中に芽を出してはいるもののまだ太陽の光を浴びていない新芽を好んで食すということになり、地表に発芽した新芽を食するナメクジとは異なる点です。

 

新芽を食するタイミングが異なるものの、どちらの生き物の食性も好物が枯れ葉と発芽したての新芽とで、この組み合わせは栄養面で最強のようにも感じます。(勝手な見解です。)

 

また、ナメクジとダンゴムシが一緒に食事するという光景もたまに見られます。

 

写真は、薬剤使用は全くしていない自然のままの庭に生息しているナメクジとダンゴムシを夜間に撮ったものです。

 

 

 

ナメクジとダンゴムシの写真がありますので、苦手な方はご注意ください。

 

 

 枯れ草や枯れ野菜等 (発酵食品?)を好物とするナメクジとダンゴムシ

 

 ネギ苗定植地で、枯れたネギに集まるナメクジ。

f:id:saienyosiko:20200120112207j:plain
f:id:saienyosiko:20200120111707j:plain

 

枯草にいるナメクジ。           新鮮なサヤが沢山ある中       

                     枯れたインゲンに絡みつくナメクジ。

f:id:saienyosiko:20200120112258j:plain
f:id:saienyosiko:20190725085311j:plain

 

タマネギ苗定植地に早朝、動物の糞を発見。(1月のこと)

多分、この地域で多く出没するハクビシンの糞ではないか・・と推測します。

矢印は糞、5~6センチの糞の周りに無数のナメクジの粘液と思われるキラキラがまとわりついています。

f:id:saienyosiko:20200120122324j:plain
f:id:saienyosiko:20200120122425j:plain

 

5日後、乾燥しかけたように見える糞に集まるナメクジ2匹。

f:id:saienyosiko:20200120123749j:plain

 

ネギ定植地で枯れたネギを食すダンゴムシ。

f:id:saienyosiko:20190923174521j:plain

 

枯れ葉に集まるダンゴムシ。

f:id:saienyosiko:20200120111844j:plain

 

 

ナメクジ、ダンゴムシともにカフェイン有コーヒーを嫌う

 

 ナメクジのコーヒー粉に対する反応を知りたいという欲求から、プランターにコーヒー粉を撒いたものです。

 中央にオクラの種を撒き、種の周りにカフェイン有コーヒーを撒いたプランター。

翌日、コーヒーの粉の表面1箇所にナメクジの多量の粘液(矢印)と思われるものが残っていました。

ナメクジは、危険を察知すると1度に多量の粘液を排出します。

他には粘液は見られません。

ナメクジは、コーヒー粉地帯に侵入直後、危険を察知して多量の粘液を排出したものと推測できます。

f:id:saienyosiko:20190716112920j:plain
f:id:saienyosiko:20190716120248j:plain

 

翌日、プランターに1匹ずつ、ナメクジとダンゴムシを発見。

どちらも、コーヒーの粉のない隅に身を置いています。

f:id:saienyosiko:20190716114136j:plain

 

また、同プランターに他に5匹のダンゴムシがいることに気づきます。

5匹のダンゴムシはコーヒーの粉を避けるように進行しています。

f:id:saienyosiko:20190705104645j:plain

 

コーヒーの粉で道が遮断されている箇所に着くと、頭部を来た道に向き直り戻ります。

f:id:saienyosiko:20190705104836j:plain

 

ダンゴムシはあからさまにコーヒーの粉を避けているようです。

f:id:saienyosiko:20190705104952j:plain

数日後、ダンゴムシとナメクジの姿は見なくなりました。

 

ナメクジがダンゴムシを食す 

 

ナメクジ2匹がダンゴムシの中身を食しているのに出会いました。

生存していたのか死んでいたダンゴムシなのかは不明。

f:id:saienyosiko:20190515231451j:plain

 

上記写真から、30分後、食している部分がより殻の内部に進んでいることが見えます。

f:id:saienyosiko:20190515231627j:plain

 

 

ナメクジとダンゴムシが一緒に食事

 

 ナメクジとダンゴムシが一緒に食事しているのを見かけます。

ナメクジの粘液にまみれたものを食べているのではないか・・と想像します。

 

矢印はダンゴムシ。ダンゴムシが自らナメクジの食している場所に近づいて行くように見えます。

周りにはたくさんのネギの苗、もちろん枯れたネギ苗もあるのですが・・。

f:id:saienyosiko:20200120111343j:plain
f:id:saienyosiko:20200120111414j:plain

 

ナメクジの隣にくっ付いて食事するワラジムシ?

f:id:saienyosiko:20190505090612j:plain

 

枯れ葉の塊にいる、ナメクジとダンゴムシ。

f:id:saienyosiko:20200120111310j:plain

 

 

ナメクジが新芽を食す

 

 オクラ発芽直後、ナメクジが集まり残らず食す様子。

f:id:saienyosiko:20190716114825j:plain

 

インゲンの発芽直後、苗はナメクジだらけ。

f:id:saienyosiko:20190405175738j:plain

 

インゲンの発芽直後、ナメクジが食している様子。

f:id:saienyosiko:20190725094045j:plain

 

 

 ダンゴムシが新芽を食す

 

ホウレンソウの種蒔き後、地中では発芽したものの芽が地表面に出ない状態で土が盛り上がって割れてくると、地中にある芽をダンゴムシが地中にもぐり食します。

緑色に見えるのが種で、白い綿毛のように見えるのが新芽。地中では発芽しています。

f:id:saienyosiko:20190528102414j:plain

 

ダンゴムシは、オクラ種蒔き後地中で発芽しているものの、地表にはまだ出ていない状態の新芽を地中にもぐり食します。

f:id:saienyosiko:20190711120417j:plain

 

 

食する花もほぼ同じ

 

野菜だけでなく、食する花もほぼ同じものを好むように感じます。

冬の今でしたら、どちらもビオラ、スミレ、パンジーを好みます。

 

しかし、近くに咲いているラベンダーを食している姿は見たことがありません。 

また、スイセンやクリスマスローズ等、毒を持つと言われる花を食す姿も見たことはなく、これらの花はきれいに咲いています。

 

 植木鉢を這い上がり、ビオラの花を食す姿。

f:id:saienyosiko:20191207155548j:plain


ビオラの花に群がるダンゴムシ。

f:id:saienyosiko:20190330215001j:plain

 
以上はこれまでに夜な夜な撮った写真です。

この2つの生き物は、つかず離れず共に現れ、大切に育てている野菜の新芽を残らず食べてしまいます。😞

 

ですが、ダンゴムシは抗カビ菌たっぷりの糞を残していくのですから、畑を守る大切な生き物でもあるということでしょうか!?

 

では、ナメクジは畑のただの害虫なのでしょうか???

謎です。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

冬のナバナ栽培、種蒔後約50日で蕾ができた!

f:id:saienyosiko:20200115083536j:plain

 <

こんにちは。

1月もそろそろ終わりですね~。

そろそろニンニクやタマネギに追肥しなければなりませんね~。

これからニョキニョキ伸びてきますよ~!

 

 

 

冬は日陰となってしまう庭では栽培できる野菜がないので、毎年、プランター

にビニールを被せて葉物野菜を栽培しています。

ちょっとしたミニビニールハウスです!

ビニールは、100円ショップで購入の圧縮布団袋で、このビニールの厚さがちょうど良い感じなのです。

 

こんな感じに被せます。

f:id:saienyosiko:20191221182141j:plain

 

日中の高温を避けるため、1箇所に3センチほどの穴を開けます。

f:id:saienyosiko:20191221182212j:plain

 

そして、一番日当たりの良いところにプランターを置くと、結構収穫できるのですよ~。😊

 

昨年12月初旬に種蒔きしたナバナが、種蒔から約50日目でプランターの中で25~30センチくらいまでニョキニョキ成長しています。

 

f:id:saienyosiko:20200126125312j:plain

 

そして、なんと小さな蕾がついているではありませんか!

f:id:saienyosiko:20200126125339j:plain

 

ナバナは、プランターではなく地植えが似合いますよね~。

春先、広~い場所一面を蕾やら黄色い花が被っている、そんな光景をよく目にします。

しかし、現実は厳しく太陽が当たる場所の確保さえ難しい 庭!😞

 

それでも毎年プランターにナバナの種を撒いてしまうのは、美味しい、そして、茶色だらけの冬の庭に青々とした葉が元気に成長するのを眺めると嬉しくなってしまうからです!

ナバナはプランター3個で成長中、この数でなんとか、時々食卓を彩ってくれるくらいですが・・・。

 

寒い真冬の葉物野菜の成長は、ぬくぬくのプランターと中と言えどもその青々とした葉が元気を与えてくれる気がして、庭に出る1番の楽しみになっています。

春先に収穫できることを期待して、2週間に1度の液肥を追肥としています。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

冬に栽培収穫できる野菜、チンゲンサイ(ミニチンゲンサイ)!

f:id:saienyosiko:20200102112007j:plain

富士山 (Mt.Fuji)

 

 

あっという間に今日は1月7日、普通の日常に身を置いて毎日の決まり事を淡々とこなしていく日々の始まりとでも申しましょうか・・。

淡々ではなく、毎日野菜の成長を眺めながらワクワク楽しい日常、というのが適当でした!

 

 

 

さて、昨年12月1日に種蒔きしたミニチンゲンサイが、種蒔から約40日で収穫!

 

葉物野菜は冬に限る・・虫がつかない! との思いで、葉物野菜栽培は春,夏は避けて、気温が低くなり虫の気配がなくなった11月中旬あたりから種蒔きをします。

 

今年はだいぶ遅れて12月の種蒔きになってしまいましたが、ミニチンゲンサイはもう収穫できました!

 

f:id:saienyosiko:20200107100002j:plain

 

f:id:saienyosiko:20200107100023j:plain

 

大きくなったものから順に間引きしながら収穫です。

 

f:id:saienyosiko:20200107100121j:plain

 

虫の姿がないきれいな葉に感動~!

f:id:saienyosiko:20200107100152j:plain

 

チンゲンサイらしく株元は可愛らしく膨らんでいますね~。

ミニチンゲンサイは、10センチくらいになると、株元がこのように脹らんでくるようです。

 

我が家では、このくらいの大きさになって株元が膨らんできたら収穫します。

 

この形のまままるごと、軽くオリーブオイルで炒めるときれいな緑色のまま、柔らかいのにシャキシャキ感があって美味しくいただけます。

 

味は塩少々で!

 

f:id:saienyosiko:20200107100919j:plain

 

収穫したての味の濃さ、と柔らかさは絶品!

春まで、もう1回種蒔き予定。

 

もちろん保温は必須ですよ~。

 

100円ショップで購入した布団圧縮袋を使用しました。

f:id:saienyosiko:20191221182141j:plain

 

日中の高温対策に1箇所に3センチほどの穴を開けます。

f:id:saienyosiko:20191221182212j:plain

 

今から種蒔きすると、2月下旬には収穫することができるでしょう。

 

日陰になってしまう庭では、冬はプランターを使用して日当たりの良いところに置いてプランター栽培をしています。

 

工夫すれば、1年中野菜栽培ができるところがうれしいですね~!

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎


 

シュンギク(春菊)発芽!・・・発芽のポイントは種蒔き時の土の厚さ・・・。

f:id:saienyosiko:20191213095040j:plain

江ノ電 Enoden

 

こんにちは。

かなり遅くなってしまった12月2日に、シュンギク(春菊)の種蒔きをしました。

ビニール袋で保温して、種蒔から10日後に発芽です。

 

綿毛のような芽。

f:id:saienyosiko:20191221181325j:plain

 

種蒔から18日後には、シュンギク(春菊)を思わせる形になってきました。

 

f:id:saienyosiko:20191221181655j:plain

 

シュンギクの発芽は、種蒔き時に土を厚くのせると発芽しませんので、種まき時には5ミリ程度の土をのせて通常より薄く土をのせることが大切です。

 

植物の種子は、通常の種蒔き後ですと種の上に1センチほどの土をのせるのですが、種蒔時に薄く土をかける、と記載されているものは種の上にのせる土は5ミリ程度と考えて良いようです。

 

土壌以外に発芽しない原因は、この種の上にのせる土の厚さであることが多いです。

 

発芽しない場合は、種の上にのせる土の厚さに注意して再度種蒔きをしてみると、だいたいは発芽します。

 

 

 

シュンギク(春菊)は、これから成長著しい(かなりの期待を込めて)ですので、大きなビニールハウスに変更しました。

 

ホームセンターで自由に曲がる支柱を購入。

f:id:saienyosiko:20191221182105j:plain

 

100円ショップで布団圧縮袋を購入。

f:id:saienyosiko:20191221185356j:plain

 

2本の支柱を十文字にプランターに挿して、布団袋を被せます。

 

f:id:saienyosiko:20191221181655j:plain

 

f:id:saienyosiko:20191221182141j:plain

 

最後に日中の気温上昇を抑える為に袋に3センチほどの穴を開けます。

 

こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191221182212j:plain

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

ナバナの間に二十日ダイコンの種植えてみた!(プランター栽培)・・・種蒔き、発芽、収穫

f:id:saienyosiko:20191211091147j:plain

江ノ電 Enoden

 

 

こんにちは。

 

ナバナ(菜花)が発芽したプランターに、二十日ダイコンの種蒔きをしてみました。

 

二十日ダイコンは、その名のとおりナバナより成長、収穫が早い、と考えてのことです。(冬ですが・・いちおう二十日ダイコンですから・・)

 

行きつけのホームセンターであまりにも可愛らしい種を見つけてしまったので、どうしても種蒔きをしたくて購入です・・!

 

色とりどりの種が入っているのだそう。

色とりどりの二十日ダイコンが収穫できる、らしい!😊

f:id:saienyosiko:20191213184515j:plain

 

f:id:saienyosiko:20191213184537j:plain


 

発芽温度も15℃~30℃と許容範囲が広く、なんとも寛大な種ですね~。

 

一刻も早く種蒔きせねば!

 

ということで、やっと発芽したナバナのプランターに種蒔きです。

プタンターの隙間も無駄にはできません!!

 

 

種蒔

 

黄色い丸で囲ったところに、種袋記載通りに二十日ダイコンの種を2センチ間隔を目安に1センチの深さに種蒔きをして、土の上から鎮圧しました。

f:id:saienyosiko:20191213185337j:plain

 

ビニールを被せてあるので、土は湿っていますので水やりは省略しました。

 

作業終了後は、ビニールを被せて保温します。

 

 

発芽

 

種袋に記載通り、種蒔3日後には発芽。

 

f:id:saienyosiko:20191213185950j:plain

 

拡大するとこんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191213190017j:plain

 

さすが、二十日ダイコン!

発芽も早いですね~。

今から収穫が楽しみです。

 

 

種蒔から10日後の二十日ダイコンの成長ぶりは、その名の通り素晴らしい!

 

上にはナバナ(菜花)、下に見える双葉が二十日ダイコン。

f:id:saienyosiko:20191223223706j:plain

 

勢いよく成長しており、来月には収穫出来そう!? 

 

自由に曲がる支柱と100円ショップで購入の布団圧縮袋でミニビニールハウスの出来上がり!

 

f:id:saienyosiko:20191221185356j:plain

 

f:id:saienyosiko:20191221182105j:plain

 

こんな感じ。

二十日ダイコンやナバナ(菜花)はこれから苗が伸びるので、支柱でミニビニールハウスの高さを調整します。

日中の気温上昇を抑える為、3センチほどの穴を開けます。

f:id:saienyosiko:20191221182212j:plain

 

ミニビニールハウスの中で、ぬくぬく成長中! 

 

 

種植えから約1か月、ところどころ直径2センチくらいに膨らんできています。

こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20200117181839j:plain

大きくなっているものから収穫出来ますね~。

真っ赤な色でかわいいです!

 

種蒔から40日後、収穫出来ました!

ま~るい方は、直径3センチほどになっています。

赤い天然の色に感心!

色、形、大きさ、どの角度からも可愛らしい実ですね~。

f:id:saienyosiko:20200206125656j:plain

 

葉もきれいなので、食べれますね~。

赤い実は、辛さがなく、むしろ甘さを感じるくらいでみずみずしく美味しいです。😋

 

それから10日後に収穫したもの。

f:id:saienyosiko:20200305105954j:plain

 

当然、薬剤使用もしていないので青々とした葉も食べれますよ。

 

次回は、お正月に間に合うように11月中に種蒔きしたいところです。

 

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真冬でも、気の許せないナメクジの食害活動!

f:id:saienyosiko:20191207153742j:plain

江の島 Enoshima

 

 

こんにちは。

 

12月に入り気温もだいぶ下がってきています。

今日の最高気温は6~7℃の予報!

もうすっかり真冬並みの寒さですね~。

 

ここまで気温が低くなると、害虫被害の心配もほとんどなくなります。

そんなきびしい環境の中でも、食欲旺盛なのよ~! という虫(正確には虫ではなく動物の部類ですが)がいるのです。

 

その困りものは、ナメクジ なのです!😞

 

ナメクジは、冬の庭を少しでも飾ろうと購入したビオラ、スミレ、パンジーが好物のようで、花はもちろんのこと株ごとナメクジの粘液だらけになって溶けたようになってしまいます。

 

 

ナメクジの写真がありますので、苦手な方はご注意ください。

 

苗ごと食害されると、枯れ果てた感じになります。

f:id:saienyosiko:20191207154837j:plain

 

 

拡大すると・・粘液が見えます。

f:id:saienyosiko:20191207154901j:plain

 

夜間、 臭覚を頼りに植木鉢を這い上がってきました。

f:id:saienyosiko:20191207155548j:plain

f:id:saienyosiko:20191207155644j:plain


 

翌日、食害の跡。 

f:id:saienyosiko:20191207155704j:plain

 

いたるところに、ナメクジの這った跡の粘液が残されています。

f:id:saienyosiko:20191207155744j:plain

 

 

f:id:saienyosiko:20191207155821j:plain

 

真冬の寒さになっても、ナメクジの食害には相変わらず悩まされ食害がなくなることはありませんね~。

 

庭で観察すると、ナメクジの草花の好物は柑橘類の葉、ビオラ、パンジー、スミレ、シマトネリコの葉等、ほとんどなんでも食べるように見えますが、食害されない花もあるのです。

 

ラベンダー、スイセンは、食害の跡も見たことがないです。

スイセンは毒があり、ニラと間違えて食べた人が中毒を起こす、といったニュースを聞くことがあります。

 

スイセンは葉も花も食害されずにきれいな株のまま咲いているので、ナメクジにとっては、スイセン全部が苦手な植物なのだと思われます。

 

臭覚で活動するナメクジが、どうやってスイセンが危険な植物であることを知ったのか・・不思議です!

 

遺伝子レベルで、スイセンの香りが危険である、とその身体に組み込まれているのでしょうか!?

 

是非とも知りたいところです。

小さい庭の虫たちのことでさえ、不思議だらけです!

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナバナ(菜花)発芽!・・・12月でも間に合う種蒔き、発芽環境

f:id:saienyosiko:20191204212412j:plain

 富士山 Mt.Fuji

 

 

こんにちは。

 

12月1日に慌てて種蒔きしたナバナ(菜花)が、種蒔き3日目に発芽しました。

すっかり遅くなってしまった種蒔きですが、順調な滑り出しを見せています。

 

発芽適温が20℃前後と記載されていました。

f:id:saienyosiko:20191201151826j:plain

 

ビニール袋を被せて保温し、日当たりの良い場所に置きます。

日中高温になり過ぎないように、1箇所に3センチほどの穴を開けました。

f:id:saienyosiko:20191201154213j:plain

 

種蒔き3日目には、発芽が見られます。

f:id:saienyosiko:20191204213149j:plain

 

拡大すると・・こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191204213217j:plain

 

朝晩の外気はすでに5~8℃になりますが、ビニール(ゴミ袋)1枚被せただけで発芽するんですね~。

 

 

1年を通してスムーズに発芽させるためには

 

その1・・・発芽適温であること。

その2・・・土壌の酸性度が適当であること。

その3・・・種蒔きした種と土が密着していること。

その4・・・土が乾燥していない。(通常の種子の場合)

その5・・・種の上にのせた土の厚さが適当である。(種子によって異なる。)

 

 

通常の場合、以上のことに注意をすれば問題なく発芽しますが、この条件のうちの1つに問題があると発芽しない、とも言えます。

 

今までの体験から、慣れてしまえば何のことはないのですが、慣れるまでは試行錯誤と言った感じでした。

 

私の場合、問題なく種蒔きしたのに、発芽しない・・時は、その5 の種の上にのせる土の厚さ、に問題でした。

 

種袋の裏に、種蒔きの仕方、が記載されていますが、土の被せ方に特に記載のない場合は種の上に乗せる土は1センチほど、薄く土をかけるという記載があったときは種の上に5ミリほどの土をのせる、程度と考えています。

 

土をのせた後は、種と土が密着するように手で押さえることも発芽させるためのポイントです。

種が土と接触することで、土が含んでいる水分を吸収して発芽するのです。

 

発芽しない原因をあれこれ考えて、再度種蒔きして様子を探ることもまた楽しですね!

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎