saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて10年目です。虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

ミツバ栽培(プランター)・・・発芽のポイントと栽培のポイント

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

1年中薬味として重宝する ネギ、青シソ、ミツバ は、庭に植えてあったら便利な野菜ですね。

食欲をそそってくれるその独特の香りは、和風料理そのもの・・・大げさでしょうか?

 

先日は青シソ苗をプランターに植え付けしたので、今日はプランターにミツバの種まきです。

 

 

 

目次

 

ミツバの種類

店頭でみられるミツバは、主に2種類になります。

通年店頭で見られる根元にスポンジが付いているミツバは、水耕栽培された 糸ミツバ と呼ばれる品種。

たまに店頭で見られる茶色い根が付いているミツバは、土で栽培された 根ミツバ と呼ばれ、香りが強く歯ごたえもあり栄養価も高い品種。

 

栽培のポイント

古来から日本の水辺に自生する野草なので、乾燥には弱いという特性を持っています。

水切れに注意すれば、繰り返し収穫できるほど手間のかからない野性的な野菜です。

 

水切れしないように水やりすることが栽培のポイントになります。

日陰気味で育つ方が柔らかい葉になりますので、背の高い野菜の陰になるようにプランターの配置をすると良いです。

種蒔き

 

f:id:saienyosiko:20200714115310j:plain
f:id:saienyosiko:20200714115323j:plain

 

ミツバはシソと並んで光を感じて発芽する種(好光性種子)ですので、通常通り土をかけてしまうと発芽しません。

種蒔き後は、種が流れないように薄く土をかける(1~2mmほど)、または、土をかけないで水やりをして、発芽まで乾燥させないことが発芽させるコツです。

深さ20㎝以上のプランターを用意します。

 

  • プランター底に鉢底石を2センチほどの厚さに並べます。

 

  • プランター上ふちから3cm(水やり時に外に流れ出さないようにプランター上ふちより少し下まで土を入れる)ほど下まで野菜培養土を入れます。

 

  • 種蒔き前に水やりして土表面を湿らせます。そうすることで種がより土に密着でき発芽を促進できます。

 

  • 5センチ間隔の溝に1センチ間隔で種蒔きする、もしくはプランター全体にパラパラ種撒きします。

 

  • 土はかけないで、種と土を密着させるように種蒔きしたところを手で軽く押さえて、静かにプランター底から流れ出るくらいにたっぷり水やりをします。

 

f:id:saienyosiko:20200714115413j:plain

 

  • 発芽まで、新聞紙や不織布等をかける、または、土表面が湿る程度に毎日水やりをする等して乾燥対策をします。

以上、種蒔き作業終了です。

 

ミツバは発芽までは少し日数がかかるのです、種蒔から10日ほどが目安です。

その間、乾燥に要注意です。

 

 

 

追肥と管理

双葉が開いたら2~3㎝ほどの間隔に、本葉が2枚になったら5㎝ほどの間隔に間引きします。

間引きの際は、土を根元に寄せて(土寄せ)株が倒れないようにします。

本葉が2枚になって間引き作業が終わったら、2週間おきに追肥(化成肥料、もしくは、有機質であれば ぼかし肥 を1つかみ(10g)、または液体肥料であれば1週間ごとを適量) を開始します。


収穫

20センチほどに成長したら葉を摘み取って収穫します。

草丈が高くなってきたら、根元5㎝ほどを残してハサミで切り取って全部収穫することもできます。

追肥することで繰り返し葉が生えてきます。

白い花が咲き出すと葉が硬くなってしまうので、花は摘み取ります。

 

 

収穫までは2か月ほどでしょうか。

2か月後は、そろそろ夏も終わりを告げるころですね~。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

ショウガに追肥する

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

5月中旬に種ショウガを植え付けして1が月半が過ぎた7月初旬、1回目の追肥と土寄せをする時期です。

ショウガ栽培は、地域によって多少異なりますが4~6月はじめくらいまでに種ショウガを植え付けして、7月、8月、9月と1回ずつ、合わせて3回の追肥をして10月に収穫時期となります。

 

種を植え付けた後は、収穫まで3回の追肥と同時に株根元に土寄せをする作業だけで収穫できる手間要らず、しかも太陽サンサン乾燥場所よりは日陰気味の方が育ちが良いので、日当たりの良い場所の少ない庭等で栽培するにはぴったりの野菜です。

 

今年は種ショウガを植え付けして、梅雨の時期がやってきてからは連日、雨、雨、雨、で乾燥が苦手なショウガはいまのところ順調に育っています。

 

種ショウガを購入したつもりが食用のショウガを購入してしまったので、植え付けもどうしたものかと考えてしまいましたが、少しの発芽を期待して植え付けたのです。

 

食用のショウガは、通常、芽が出ないように切り取ってありますので、植え付けしても発芽できる芽は限られてしまいます。

 

期待値が少なかった分、芽がニョキニョキ出て来た時は大喜び!

 

種植え付けから1か月半くらいで発芽が見られました。

通常、発芽するまでは、芽出し(発芽を促進するために太陽に2~3日当てる作業)をした場合は植え付けから1か月、芽出しをしないで植え付けした場合は2か月かかります。

 

今回は半ば諦め状態の中、芽出しもせずにただ植え付けしたので植え付けから1か月半後に発芽とはなかなか順調な滑り出し、しかも食用ショウガで・・・。

 

 

 

7月、そろそろ1回目の追肥をする時期です。

追肥は、化成肥料、もしくは、有機質であれば ぼかし肥 を1㎡あたり1つかみ(30g)をパラパラ撒きます。

追肥と一緒に、株元に土を寄せて(土寄せと言います)根茎を大きくします。

 

空きスペースを活用しているので、あちこちにショウガ苗が点在しています。

f:id:saienyosiko:20200713161209j:plain
f:id:saienyosiko:20200713161154j:plain

 

余分な土がないので、追肥と土寄せは野菜培養土を利用しています。

栄養分が含まれている野菜培養土を株元に2~3㎝のせるだけで、追肥と土寄せが同時にできて便利です。

株を中心にして株根元周りに半径7~8㎝、厚さ2~3㎝に野菜培養土を撒きました。

 

このあと、8月と9月に1回ずつ追肥と土寄せをして10月には収穫です。

 

植え付けから約2か月後ごろ、たくさんの株が成長しているようなら、本葉が6~7枚ほどになったら葉ショウガを収穫できますよ~。

植え付けした種ショウガを引き抜かないように、株元を手で抑えて必要な分だけやさしく引き抜いて収穫します。

 

乾燥が続くとショウガが大きくならないので、乾燥が続くようなら適宜水やりやワラを敷く等の乾燥防止対策がショウガを大きくするポイントです。

 

発芽が遅れた昨年は、発芽に気づいたのが9月、あわてて追肥と土寄せ1回のみでそれなりに収穫できました。

 

とりあえず植えて置けば、よほど乾燥しない限りそれなりに収穫できる印象の野菜です。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

 

 

 

花が咲かないオクラの蕾

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

今日は久しぶりに太陽が顔を出したので、早速、庭の野菜たちの様子を観察。

ミニトマト、ナス、モロッコインゲン、どれも強風で葉が焼けたように茶色になって、過酷な環境を耐え忍んだあとが見られます。

 

酷く茶色に枯れているような葉は取り除きました。

 

オクラ苗とサツマイモ苗は、過酷な環境の中、強風雨の影響を感じないほど元気に育っています。

 

今年のオクラ栽培は、小さな畝に株間15㎝、12本の苗が成長中。

オクラの新芽を好物とする虫たちの猛攻撃を受けながら、発芽が揃ったのは種蒔き開始から2週間が経過したころの6月半ばくらいでした。

 

それから1か月も経つか経たないうちに、オクラの苗は既に40㎝くらいの高さまで成長しています。

他の野菜がヨレヨレになるほど 過酷な環境下でも、12本すべての苗がグングン成長しているのですから、生命力の強い逞しい植物であることは間違いないですね~。

 

f:id:saienyosiko:20200712165454j:plain



小さい畝に葉がワサワサとして密集し過ぎ? のように見えるかと思いますが、心配はいらないのですよ~。

収穫と同時に下葉も切り取るのです。

そうすることで余分な栄養を分散することなく、実付きを良くすることができ、また、下葉を取り除きながら収穫することで、日当たりと風通しの良い環境となり病害虫予防にもなります。

 

今年は、オクラの株間を15㎝としましたが、通常は株間30㎝と言われます。

オクラの株は1.5メートルくらいまで成長するので株間を広めにするのですが、株をコンパクトに管理したいのと根張りを小さくして株を引き抜く際に楽に作業ができる、という目的から株間を狭く15㎝にしました。

 

株をコンパクトにして根張りを小さめにしてありますが、支柱等もしないで1か月も続く強風雨に倒れることもなくグングン成長していますので問題はありません。

 

 

 

オクラは株根元から近い順に、主枝と葉の付け根に蕾を付けて花を咲かせて実になります。

40㎝くらいの高さまで成長したオクラ苗を見ると、蕾が数個ついています。

株根元に近い最初の蕾は地際から10㎝くらいの高さくらいでしょうか。

 

株根元から2段目までの蕾は、すでに黄色く枯れかかっていて花が咲かないでおしまい状態。

青色矢印は花が咲かないで枯れかかっている蕾。 赤色矢印はガクがひらいて花ひらく準備の出来ている蕾で間もなく花が咲くでしょう。

 

f:id:saienyosiko:20200712172307j:plain

 

蕾が花開き実を付けるためには、株がそれなりにエネルギーを蓄えて準備が出来ているという状態である、言い換えれば、株が充実している状態になってはじめて花が咲く、ということです。

 

蕾が出来ているのに花が咲かない原因は、この場合は、株が花を咲かせ実を付ける準備がまだできていなかった、ということですね。

 

小さい株や細い株等で蕾の花が咲かない時は、株がしっかりするまで待つと花開きます。

種撒きや植え付けから1か月くらい過ぎて、株が貧弱だったり蕾がなかったりするようでしたら、2週間ごとに追肥をはじめます。

 

肥料不足は、オクラの葉で判断できますので、追肥をする目安にします。

 

左の角張っている感じの葉は肥料不足。 右の葉のようにふっくら丸い感じになるように追肥をします。

f:id:saienyosiko:20190913112946j:plain
f:id:saienyosiko:20190831122812j:plain

 

定期的な追肥とあまり乾燥しているようなら水やりすることで、約3か月の間、過酷な真夏でも実を付けてくれるタフで美味しい野菜・・・自家栽培とは嬉しいですね~。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

サツマイモのツルが伸びてきた!

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

ここ1か月くらいでしょうか、いやいや1か月以上になるでしょうか、雨と風の日が続いていて、キラキラ太陽はどこに行ってしまったのか?

連日の雨と強風、キラキラ太陽の姿を見たのはいつだったか・・・と思うほどの雨、雨、雨。

 

夏野菜たちは豪雨風で葉やツルがヨレヨレ、梅雨が終わったころにはいったいどうなってしまうのか、不安~。

 

すでにこの豪風雨に耐えられず、キュウリ苗は新しい苗に植え替えをしました。

他の野菜たちも、この梅雨らしい梅雨の時期を乗り越えられるか・・すでにモロッコインゲンやナスの葉はヨレヨレ茶色。

 

そんな中でサツマイモの苗だけは元気いっぱい。

ワサワサ。

f:id:saienyosiko:20200711153513j:plain

 

毎年サツマイモを栽培しているのですが、台風等でツルが全滅などと言ったことは、いまだ経験がありません。

低位置で成長するツルは、まったく被害を受けないようです。

 

連日の雨、風、にも負けず成長を見せているサツマイモのツルですが、それはそれで気がかりなのです。

ツルの成長がいつもより非常に速く、葉がワサワサ茂っているように見えます。

 

 

 

生育前期に雨降りが続くと、ツルや葉ばかりが成長して肝心のサツマイモが成長しない(ツルボケという)という事態が起きてしまいます。

ツルボケをすると、デンプン質が少なくなり甘みが少なく水っぽいサツマイモになります。

 

しかし、こればかりはどうにもならず、いや~な予感、が当たらないことを願うばかり。

 

成長が速いために、ツルがだいぶ伸びてきましたので、伸びたツルをひっくり返して根が張らないようにして養分が分散しないようにします(ツル返しと言います)。

ひっくり返したツルは、邪魔にならないように畝の上にまるめておきます。

 

左の写真は伸びたツルから根が出ている様子。右の写真はツルを裏返した様子。

f:id:saienyosiko:20200711155420j:plain
f:id:saienyosiko:20200711155442j:plain

 

たくさんの太陽を吸収することが、美味しいサツマイモができる大切な要因になります。

葉は太陽を吸収する働きをしますので、伸びたツルを途中で切ったりせずにそのままツルを裏返して畝の上にのせておきます。

 

ツル返しは夏~秋に2~3回程度で、伸びてきた~と思ったらひっくり返すくらいの作業です。

 

暑い夏、ツル返しをしたら、あとは収穫を待つばかり。

追肥も基本的には必要ありませんが、7~8月頃に葉が黄色くなってきたら肥料不足のサインですので、追肥(化成肥料もしくはぼかし肥を1㎡あたり1握り(30g)を全体にパラパラ撒き、マルチ使用の場合は1株ずつ株根元に1つまみ(3g)ずつ撒く)をします。

 

サツマイモの肥大時期は、7~10月で、この時期の日照時間がサツマイモの味を左右します。

この肥大時期に土壌が乾燥気味になると、デンプン質の多い甘いサツマイモになるわけです。

 

すでに、7月も半ば、7月中はこのまま雨が続きそうな気配。

そろそろ、梅雨もおしまいにしていただきたい!

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

はじめての畝の作り方・・・土づくりをして、その日のうちに苗を植え付け。

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

野菜栽培をはじめるには、まずは野菜苗を植え付ける場所を耕す作業から始まります。

この野菜苗を植え付ける場所を  畝 (うね)と言います。

 

肥料、堆肥、石灰を撒いて土を耕して、はじめて野菜が成長できる土壌環境を作って、畝の出来上がりです。

 

 土質によって異なりますが、通常の畝の高さは10㎝ほど。

 

 畝の高さと効能

 畝を高くすると、水はけが良くなって根が張りやすくなり野菜が育ちやすい土壌環境になります。

ですので、水はけが悪い土質であれば、畝を高くするなどの工夫もできます。

 

たとえば、乾燥気味な土壌環境が最適なサツマイモは、20~30㎝の高さの畝にすると、収穫量も増えて美味しいサツマイモが収穫できます。

 

また、野菜の植え付け場所とそうでない場所の区別がはっきりしているので、管理しやすくなります。

 

畝に高さを持たせることは、野菜の成長を良くし収穫量を増やすことにつながる環境を作ることになります。

 

 

 

土づくり

土づくりをしたら、その日のうちに種蒔きや苗を植え付けたい! と思うもの。

 

その日のうちに植え付けをするため、土づくり開始です。

土づくりに必要なのが、肥料と堆肥と石灰ですね。

肥料と堆肥と石灰については、前日に記載しましたので省略します。

 

  • 畝にする場所を30cmほどの深さまで耕します。

 

  • 栽培する野菜の必要量の堆肥と肥料を撒いて、20㎝ほどの深さまでもう一度耕すように土と堆肥と肥料を混ぜます。

 

  • 次に栽培する野菜の必要量の石灰を撒いて、深さ10センチほどまでの土によく混ぜ合わせるように再度耕します。(雨降り時に浸透していきますので10㎝ほどの深さで良い。)

 

土づくりをしたその日のうちに苗を植え付けするためには、肥料や石灰が偏らないように土と良く混ぜることが大切です。

撒いたばかりで土となじんでいない肥料や石灰が根に直接触れると、障害が出て成長できなくなります。

 

畝づくり

クワやシャベルで外側の土を畝に載せるようにして、高さ10㎝を目安にクワの脇などを使って、土を平らにならせば畝の完成。

 

この作業終了後、種蒔や苗植え付けをします。

 

 

マルチ使用の場合は、マルチをして終了。

こんな感じになりますね~。

左は高さ10cmのオクラ用の畝、右は高さ20cmのサツマイモの畝。

f:id:saienyosiko:20200531133526j:plain
f:id:saienyosiko:20200617142848j:plain

 

 

野菜づくりをはじめて3年たったころ、やっと野菜ができるような土になる、と言われます。

野菜が収穫できる土が出来るまでに3年要する、ということですね。

 

野菜づくりは土づくりだけでなくすべての作業において、これという決まりはなく、思い思いに自分の方法を見つけていけることもまた楽しみです。

 

より良い方法を探しながら、なが~く野菜づくりを楽しんでいただけるための参考の1つになれましたら嬉しい限りです。

 

野菜づくり10年生、あれやこれや、と試行錯誤中。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

簡単に使える肥料・・・土づくりをするために必要なもの

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain



土づくりが野菜づくりの良し悪しを決める、と言われますが、野菜づくり10年生にして、本当にその通りだなあ~と痛感する昨今です。

 

土づくりが上手くいっていると、そこに育つ野菜も病気等に強く元気に育ってたくさんの実を付けてくれます。

反対に、土づくりを怠ると、弱々しく病気等にかかりやすい苗になり収穫量も期待できません。

 

野菜の成長に必要なものは、 土(肥料等の栄養成分)と水分と太陽 ですね~。

 

人が元気に成長するには 食物と水分と太陽 が必要で、植物が元気に育つには 土と水分と太陽 。 似てますね~。

 

人にとっての食物は、植物にとっては土に相当する感じですね。

とすると、土づくりが野菜づくりを左右する、というのも納得。

 

土づくりに準備するもの

  • 肥料(野菜が育つ栄養素となる)
  • 堆肥(野菜が育つ土を作るために必要)
  • 石灰(野菜が育つ土を作るために必要)

 

 

 

野菜づくりをはじめたい時は、すべての野菜栽培に使用できる肥料を選ぶ

肥料は、野菜の成長に必要な栄養素となります。

野菜全般に使用できる チッソ8、リン8、カリ8 なければ チッソ6、リン6、カリ6 と記載された栄養素が偏らずに均等に含まれているものを選ぶと便利です。

 

チッソとは茎や葉の成長の栄養素、リンとは花や実付きを良くする栄養素、カリは根の成長の栄養素です。

 

チッソ8、リン8、カリ8 と記載されている肥料は、100gあたりそれぞれ8gずつ含まれていることを表します。

 

こんな風に袋に表示されています。

f:id:saienyosiko:20190402214310j:plain
f:id:saienyosiko:20190408134841j:plain

 

ここで、2種類の肥料があることを知っておきたいところです。

肥料は、化学肥料と有機質肥料の2種類があります。

 

化学肥料は天然の鉱石などを加工して作られたもので、速効性があるので、土に撒くとすぐに野菜に吸収されやすい特徴があります。

そのため、株の成長を良くするために追肥として使用されます。

 

一方で有機質肥料は、油粕や米ぬか等が知られていますが、土壌中で分解されてから野菜の栄養となるので、速効性のある化学肥料とは異なり、効果があるまで時間を要します。

有機質肥料はゆっくり長く効果が期待できる肥料で、長期に使用することで野菜づくりに適した土壌を作る働きもあります。

 

 

写真の有機質肥料はリンがやや多めに含まれています。

他に選択肢がない場合は、なるべく チッソ、リン、カリ、を表す数字にあまり違いがないものを選びます。

 

実を収穫する夏野菜の場合は、実付きを良くするリンが多めに含まれる肥料が多く販売されていますね~。

最近は、袋1つに栄養成分が調整されている有機質肥料も販売されていて、便利です。

f:id:saienyosiko:20190820081755j:plain

 

堆肥

土壌と混ぜ合わせることで、土壌中に微生物が増えて保湿力が高まり、野菜が育ちやすい土壌環境を作る働きがあります。

 

土づくりをするうえで大切な資材で、有機野菜を栽培する上でもなくてはならない資材と言えます。

 

堆肥には、植物由来のもの(腐葉土等)と動物由来のもの(糞堆肥等)がありますが、庭などの臭いが気になる場所での使用は、落ち葉を原料とした腐葉土などを選んだ方が無難です。

 

 

 

石灰

石灰は、野菜が成長できるように土壌の環境を調整する成分を含んでいます。

土壌は、酸性~中性~アルカリ性と、雨降りなどで土壌環境が変化します。

 

特定の野菜を除いて野菜全般において、野菜が発芽して成長できる土壌は、中性~弱アルカリ性の土壌です。

 

石灰はアルカリ性成分を含んでいますので、酸性になりがちな土壌に石灰を撒くことで、土壌を中性~弱アルカリ性に調整する働きがあります。

 

石灰で良く使われるのが苦土石灰でアルカリ成分をしっかり含んでいます。

有機質石灰で知られるのがカキガラ石灰ですが、苦土石灰に比べると有機質石灰はアルカリ成分が弱いため、苦土石灰よりは多めに撒いて土壌を調整します。

 

苦土石灰100gを撒くところを、有機質石灰ならば150gを撒く、と言った感じで使用します。

また、草木灰(草を焼いてできる灰)も有機質石灰として使用できますが、アルカリ成分が弱いため多めに撒いて使用します。

 

 

有機質肥料を選ぶ場合は、種蒔や苗を植え付ける2週間前(肥料が野菜に吸収される準備ができる)までに土づくりをしておくと、野菜にやさしい環境になります。

 

肥料、堆肥、石灰 この3つを撒いて耕して、野菜栽培の始まりですね~。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

オンブバッタ、今年も襲来!?・・・葉を食害するオンブバッタには赤ジソ。

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

6月中旬あたりから強風と雨続きで、窓越しに庭の野菜たちを眺める日が続いています。

 

雨の止み間にサツマイモの畝を見てみると、あちこちの葉に穴が・・1cmにも満たない数匹のオンブバッタがサツマイモの葉の上にチョコンと乗っています。

 

f:id:saienyosiko:20200706130407j:plain
f:id:saienyosiko:20200706130432j:plain

 

この時期から秋まで、毎年サツマイモの畝にやって来て、サツマイモの葉を食べて過ごしています。

今年も望まぬオンブバッタ来たる!

 

体長1cm未満、背に羽がないようなので、まだ幼虫かも?

オンブバッタは幼虫から成虫になるまで、どちらも葉を食害し、要するに幼虫、成虫どちらも害虫。

蛹の時期はないようです。

三角形の頭部が特徴。

f:id:saienyosiko:20200706130509j:plain

 

 オンブバッタの食害跡は、円い穴の形が特徴。

 

f:id:saienyosiko:20200706142141j:plain

 

今年は、アフリカやインドでバッタの大襲来が起きて大変な作物被害が起きているというニュースを耳にしました。

 

毎年、庭のサツマイモ畝に襲来するオンブバッタは、野菜を作るという立場からみると、ただ葉を食害する 百害あって一利なし、の虫のように思えます。

 

大量のバッタ襲撃であったとしたら、葉の食害が酷くて、葉で光合成をして花や実を付ける植物にとっては死活問題です。

 

一部の生き物が大量に発生するということは、それを餌としている生き物が少なくなっている、とか、バッタが生息するに最適な環境等、何らかの変化があるのでしょうね~

 

 

 

薬剤を散布すると害虫だけではなく害虫を食べる虫(益虫という)も一緒に被害を受けることになり、薬剤散布を繰り返すことで益虫の数が減り害虫被害が多発する、ということをよく聞きます。

 

小さな庭にある畑の小宇宙でさえも、あちこち食害されながらも野菜が収穫できるのは、害虫と益虫がうまい具合に共存しあっているからで、無農薬野菜を作るうえでは害虫と益虫の共存している環境は一番の条件のように思います。

 

毎年来訪するオンブバッタも、初夏から秋までサツマイモの葉を食害し続けますが、収穫に影響が出るほどの食害を受けたことはないので見て見ぬふりをしています。

 

今年はオンブバッタの好物である赤ジソを植えて、サツマイモの葉の食害被害を少なくしようと昨年計画したにもかかわらず、その計画をすっかり忘れてしまったので、今年も秋までオンブバッタの観察をすることになりそうです。

 

カップルになったオンブバッタは雌の上に雄がのっているというスタイルで、カップル後も雌は食欲旺盛ですが、雄の食事風景を見たことがないのです。

 

最初は単体で葉を食害していますが、9月頃になるとカップルが多くみられるようになります。

 

ヨレヨレと歩くのもままならならない疲れ切った終活期らしいカップルオンブバッタを秋口によく見かけます。

 

めでたくカップルになると雄は食事を一切しないで、ただひたすら雌の上に乗って子孫を残すためだけにその生涯を終えるように見えるのですが、本当のところはどうなのでしょう!?

そうだとしたら、グルメに終わりを告げ、ただ雌の背に乗って子孫を残すためだけの生活は、めでたくカップルになっても雄にとっては厳しい道のりですね~。

 

と、勝手に想像しながらのオンブバッタの観察、これもまた楽しいです。

 

 

 本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain