saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて9年目です。無農薬栽培のおかげで、虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

アスパラガス栽培、1年に1度の手入れ 

f:id:saienyosiko:20191104122540j:plain

 

 

こんにちは。

 

庭の隅に4~5年前に植え付けたアスパラガスの株があり、我が家では春を告げる野菜です。

 

今ではしっかり太いアスパラガスが収穫できるようになって、もっとたくさんの収穫を目指して、今年、他の場所に2株を追加しました。

 

長さ1.5メートル×幅80センチ の畝にアスパラガス2株が植えてあり、10月~5月まではニンニクと混植栽培をしています。

 

環境条件は決して良いとは言えず、冬から春先までは太陽が当たることはなくて全くの日陰地帯です。

 

そんな環境ですが、夏の間、太陽を沢山浴びてアスパラガスの株は大きくなり、春から太いアスパラガスが収穫できるようになっています。

 

我が家では、11月はアスパラガス株の1年に1度の手入れの時期です。

 

11月になるとワサワサ成長したアスパラガスの葉や茎が枯れてくる頃です。

 

f:id:saienyosiko:20191103141355j:plain

 

こちらの株は、台風で枯れてしまいました。

辺りには、ニンニクの苗が成長中。 

草取りは適宜します。💦

f:id:saienyosiko:20191104125258j:plain

 

 

アスパラガス株の1年に1度の手入れ

 

 

10月のニンニク植え付け時の土づくりの際に、畝全体にたっぷりの堆肥と肥料を撒いていますので、土壌の管理は終了しています。

 

11月に株自体の手入れをします。

アスパラガス株の根元をハサミで切り落として、翌年、充実した芽を作るために備えます。

 

こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191104131251j:plain

 

これで1年に1度のアスパラガスの株の手入れは完了です。

 

1年を通しての管理作業としては、このあと、ニンニク栽培に合わせて畝に2月と3月の2回の追肥をしています。

 

ですので、土づくりや追肥のタイミングはニンニク栽培中心です。

 

4月から9月までは追肥することはないので、10月のニンニク栽培に合わせたたっぷりの堆肥をのせる土づくりが、アスパラガス株にとっても1年分の栄養を補給する大切な作業になります。

 

来年も沢山のアスパラガスが収穫できますように・・!

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウガ(生姜)の収穫

f:id:saienyosiko:20191101154248j:plain

 

 

こんにちは。

 

11月上旬、そろそろショウガ(生姜)の収穫時期がやってまいりました! 😊

5月上旬頃に植え付けしたショウガの種ですが、半年後やっと収穫を迎えます。

 

栽培期間が長いわりに、植え付け環境条件が合っていれば、3度の追肥、土寄せ作業で、勝手に大きくなってくれる手間要らずの植物です。

 

乾燥に弱い植物ですので、植え付ける環境条件としては、直射日光の当たらない明るい日陰で保湿力のある土壌が最適です。

 

収穫時期は、葉先が枯れて黄色くなった11月上旬が目安です。

 

f:id:saienyosiko:20191103141330j:plain

 

アスパラガスと混植しているので、アスパラガスの葉、茎がワサワサした中にショウガの葉が見えます。

f:id:saienyosiko:20191103141355j:plain

 

収穫作業は、ショウガを傷つけないようにショウガ苗根元を手で優しく掘って、ショウガが見えるくらいになったらシャベルで掘り起こします。

 

f:id:saienyosiko:20191103141722j:plain

 

予想以上の収穫量!

 

ショウガの発芽はじっくり時間を必要として、種植え付け前に太陽に当てて芽出しをすると1週間で発芽、芽出し作業をしないで植え付けると2か月ほどかかります。

 

今年は、種植え付け後、発芽が遅れて、3か月経過して2~3つの発芽しかありませんでした。

 

種植え付け当日は、たっぷり水やりはしたものの、プランターでなく地植えだからと安心して、連日のカンカン照りにもかかわらず水やりをせず放置していたのでした。

 

乾燥に弱いショウガですから、連日の暑さに土壌が乾いてしまって発芽もできない環境だったようです。

 

数本成長が見られるようになったのは、9月下旬頃でした。

 

植物が育ちにくい環境ということは、当然収穫に期待はできません。

今年は、発芽から上手くいかなかったので収穫量はかなり悪い、と予想していました。

 

なんとか、予想よりは収穫できた、という感じです。

 

種植えから発芽、土寄せ、と順調であれば、思わず1人笑いしてしまうほどに、ふっくらした大きなショウガが土中から出てくる出てくる・・! なのですよ~。

 

今年は、学習の年としましょう!

来年は、種植え付け後の環境に気を配って、ふっくら大きなショウガの収穫を目指しますよ~。

 

ちなみに、新生姜の下に植え付けした種ショウガがくっついていますが、種ショウガも痛んでなければ食べれますよ~。

 

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初夏と秋に2度、花咲くサツキ!?

f:id:saienyosiko:20191102202357j:plain

 

 

こんにちは。

 

温暖化が異常気象をもたらしている、と言われる昨今ですが、さまざまなところに影響があるようです・・。

 

実は、我が家の庭にも、温暖化の影響かどうか・・・、昨年から異変があるのです。

 

庭には数本ずつツツジとサツキが植えてあるのですが、昨年からその中の1本のサツキの木に秋にも数個の花を咲かせるのです。

 

昨年秋に花を咲かせた同じサツキの木に、今年も10月終わりにつぼみが数個できています。

 

こんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191102203405j:plain

 

上記つぼみの拡大写真。

f:id:saienyosiko:20191102203420j:plain

 

本来であればサツキの開花時期は初夏の5月下旬~6月で、秋に開花するという情報は見当たりません。

 

実際、昨年と今年を除いては、この1本のサツキの木の花咲く時期は6月初め頃のみでした。

 

昨年秋に数個の花を見て、季節外れだな~! と軽くスルーしたのですが、今年も10月終わりに同じ木につぼみがあるのを見て、間違いなくおかしい! と確信に変わりました。

 

庭にある他の数本のサツキには、秋に花は見られません。

 

なぜか、この1本のサツキだけに2年続きで初夏と秋、1年に2度の花を咲かせるのです。

狂い咲き、というものでしょうか!?

 

日当たり等の環境的条件でこの1本に花が咲くのでしょう、がこれまでは1年に1度、初夏6月に1回だけ花を咲かせる普通のサツキでしたのに、昨年から初夏と秋に花咲くサツキの木になったのでした。

 

これはまさしく地球温暖化の影響? なのではないでしょうか!?

 

こんな小さなささやかな空間ですが、この空間にある全ての物は環境に大きく影響されながら生息していることをあらためて感じた出来事でした。

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビオラ、スミレ、パンジー、を食害するのは・・? & プランターを這い上がり侵入するナメクジ

f:id:saienyosiko:20191101152632j:plain

 

 

こんにちは。

 

10月頃になるとビオラ、スミレ、パンジーなどの植木鉢を店頭で見かけるようになります。

 

これらの花を店頭で見かけるようになると、そろそろクリスマスの季節がやって来るー、と思うのです。

 

真冬に、殺風景になる庭を、色とりどりに飾ってくれる花ですね~。

 

f:id:saienyosiko:20191101154232j:plain

 

f:id:saienyosiko:20191101154248j:plain

 

野菜栽培には興味津々ですが、花栽培に関しては興味があるとは言えない程度で、クリスマスの季節がやって来る、という気持ちからビオラ、スミレ、パンジーの鉢を買ってせっせと庭に飾っているような気がします。

 

ビオラ、スミレ、パンジー、は株の感じが似ていて、これらの花を庭に飾った最初のころは、違いすらわからなかったのでした。

 

飾ってみると、真冬の殺風景な庭が彩られて、花がある庭は良いな~と思ったりするのですが・・・。

 

ということで、今年もプランターに寄せ植えしました。

 

地植え、鉢植えのどちらにしても、ビオラ、スミレ、パンジー、の花を食べてしまう虫たちがいることも忘れてはいけません。

 

食害されなければ、春までは元気に花を咲かせてくれます。

 

ビオラ、スミレ、パンジーの花を食べてしまうのは・・どこにでもいる・・ナメクジとダンゴムシです。

 

 

ナメクジ、ダンゴムシの写真がありますので、苦手な方はご注意ください。

 

 

プランターを這い上り侵入するナメクジ。

f:id:saienyosiko:20191105094622j:plain

 

頭部を揺らして、危険を察知しているのか、または、臭覚で匂いを察知しているのか・・!? 

f:id:saienyosiko:20191105094640j:plain

 

場所によっては、植え付け数日後から食害されて、花が食べ尽くされるという事態にもなります。

 

ビオラの花を食べているダンゴムシたち。

f:id:saienyosiko:20190330215001j:plain

 

花が溶けたようになるナメクジの食害跡が特徴。

糸がひいたようになっているのは、ナメクジが排出した粘液。

f:id:saienyosiko:20191101205047j:plain

 

ダンゴムシもナメクジも夜活動するので、食害しているその姿を昼間確認することはできないため、昼間虫の気配がないのに、なぜか花が食べられている・・ということになってしまいます。

 

ビオラ、スミレ、パンジーの花が食べられていたら、犯人(犯虫?)はダンゴムシとナメクジが濃厚!

 

ダンゴムシによる被害は、花が全部なくなってしまう・・ほどの被害の心配は少ないですが、ナメクジによる被害に関しては花が食べつくされることも珍しくありません。

 

ですので、ナメクジによる食害が顕著な場所では、ナメクジ対策をすることで花を守ることができます。

 

さまざまなナメクジ対策グッズが市販されていますので、使い勝手の良いものを選んではいかがでしょう。

 

ナメクジはラベンダーは好まないようで、ラベンダーを食害している姿は見たことがないのですが、ビオラ、スミレ、パンジーの花は大好物と見えます。

 

ナメクジの好みの基準というものを、是非知りたいものです。

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネギの成長・・・冷蔵庫の中でも成長する!?

f:id:saienyosiko:20191031121749j:plain

 

 

こんにちは。

 

夕食の準備に取り掛かろうと、7~10日ほど前に冷蔵庫に入れておいた使いかけのネギを取り出した、その時・・ネギの様子に変化があることに気づきました。

 

包丁でまっすぐに切ったはずの切り口に変化が・・!

 

切り口内側から、薄緑の茎らしきものが2センチほど伸びているのです。

f:id:saienyosiko:20191031122140j:plain

 

切り口を拡大するとこんな感じ。

f:id:saienyosiko:20191031122348j:plain

 

よ~くネギ全体を見ると、なんと真新しい白い根が2~3本出ているではありませんか!? (≧∇≦)

 

f:id:saienyosiko:20191031122549j:plain

 

使いかけのネギが成長しているとは・・・???

 

冷蔵庫に入れたら植物ではなく食材という角度でしか見ていない、ので、食材が成長しているなどとは思いもよらないのでした。

 

しかも収納環境は、土もなく、水も与えられることなく、ただビニールの中に無造作に閉じ込められた、成長するにはあまりにも過酷な環境です。

 

冷蔵庫の野菜室で成長しているのですから、ネギは寒さには強い、というより、寒さ大好き!というところでしょう。

 

ネギ栽培では、地表上数センチを残して収穫するとまた伸びて収穫できる、ということは知られていることですが、まさか冷蔵庫の中で切り口からニョキニョキ新芽?が伸びてきて根まで生えてくるとは・・! 

 

驚くべき生命力!!!

 

確かに、ネギはパワフルな植物で、数度の移植にもへっちゃらで復活します。

f:id:saienyosiko:20191031121428j:plain

 

これまで、使いかけの、冷蔵庫に入れてあるネギのこの変化に気づかずスルーしていたのだ、と思うと損をしたような気分です。

 

きっと、ネギに限らず、周りの植物や虫たちの驚くべき変化を見逃していた、ということになりますね~。

 

限られた空間の、庭にいる限られた植物や虫たちの日常の佇まいは、同じ敷地にいながら、住む世界が違う、ので、勝手な想像がどんどん広がって留まるところを知りません!

 

狭い庭という空間だけでも、まだまだ面白いことがもり沢山あるようです。😊

 

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニンニクが発芽しないのは・・?

f:id:saienyosiko:20191029151847j:plain

 

 

こんにちは。

 

10月初旬に植え付けたニンニクの種が、植え付けから3週間経過しても発芽しません! 😥

 

同じ畝に、ホームセンターの種用のニンニクとスーパーの食用のニンニクを同じ日に植え付けました。

 

毎年スーパーのニンニクを購入し植え付け栽培していて、100%と言えるほどの発芽率と収穫を誇っていたのですが・・。

 

植え付けから1週間後にはホームセンターの種用のニンニクは100%発芽していますが、それから2週間経過してもスーパーのニンニクは1つも芽を出していません・・・どうしたことでしょう!?

 

右側はホームセンターの種用ニンニクが成長中。スーパーのニンニクを植え付けた左側の場所には1つの発芽も見られません。

f:id:saienyosiko:20191029152855j:plain

 

スーパーのニンニクを植え付けた場所を掘り起こして見ると、根は出ているのですが芽が出ていない、という状態で腐っています。

 

f:id:saienyosiko:20191029153117j:plain

 

 毎年同じスーパーで購入して芽が出ないことは初めての体験!

ニンニクは発芽率が良くて剛健、と思っていたのですが・・。

 

 

ニンニクが発芽しない原因

 

@ 発芽抑制された種である。

 

@ 発芽気温20度に適した環境ではない。植え付け時期は9月終わりから10月終わりくらいが植え付け適期です。

 

@ 病気等に感染している種である。

 

@ 土壌環境が多湿過ぎている。

 

@ 土壌が酸性、アルカリ性に偏り過ぎている。

 

 

等が考えられます。

 

昨年までと今年とで種類や植え付け作業等においてなにか違っている点は・・・と考えると・・違っています!

 

昨年までは、同じスーパーで同じ品種の青森県産ホワイト6片でしたが、今年は千葉県産ニンニクであったこと、また、今年初めて植え付け直後に刈り取った芝をのせたこと、この2つが昨年と違った条件です。

 

同じ畝にホームセンターで購入した奈良県産ニンニクはすべて発芽しているので、環境に問題があったのではなく、植え付けたニンニクの種自体の問題ではないかと推測します。

 

発芽しない原因は・・ 今回スーパーで購入したニンニクが、発芽しない原因の最初に述べた、発芽抑制されたニンニク だったのかもしれません。

 

スーパーで食用として売られているニンニクは発芽抑制されているものもある、とは聞いたことがありますが・・。

 

同じスーパーで青森県産ホワイト6片を見かけたので、早速植え付けてみました。

ニンニクの発芽で苦労するのは、はじめてです。💦

 

スーパーの食用のニンニクは、これまで植え付け後2週間で発芽していましたが・・。

 

やはり、種用で売られているものを購入するのが間違いないですね!

 

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

剪定したシマトネリコに新芽!

f:id:saienyosiko:20191028205102j:plain

 

こんにちは。

 

庭には、地植えに1箇所と鉢2つにシマトネリコが植えてあります。

 

涼しげな葉の感じが好きで目隠しにと植えたのですが、成長とともに葉が幹上部だけに集中してしまうのが、この植物の特徴なのですよね~。

 

ですので、目隠しにするには剪定をして葉の具合を調整する必要があります。

 

そろそろ葉が生垣からはすっかり上に集中してしまって、目隠しの役目を果たしていない状態になっていましたので、9月中頃に思い切って剪定しました。

 

生垣上から葉がフサフサ出ているようにしたいので、生垣上あたりの枝を思い切って切り落としました。

 

シマトネリコは、成長のままにすると間延びした感じの姿になってしまうのです。

数回の剪定を経て、その素敵な葉姿を維持するには枝を思いっきり切り落とすことも必要、と感じています。

 

しっかり枝を切り落としました。

f:id:saienyosiko:20191028210337j:plain

 
剪定後約3週間、あちこちに新芽がたくさん出てきました。

f:id:saienyosiko:20191028210406j:plain

 

拡大すると、枝に薄緑の新芽がポチッとついています。

f:id:saienyosiko:20191028211651j:plain

 

シマトネリコは成長も早いので、姿を維持したいのであれば、剪定は欠かせません。

 

我が家では、目隠しという大切な役目をシマトネリコの木に託しているので、成長時期に剪定をします。

早く葉をたくさん茂らせてもらわないと困るのです。

これからまだ成長しますよ~、という春、初夏、秋の初めのころのいずれかに剪定作業をすることになります。

 

庭木についてまったく知識がなく、様子を見ながら必要に応じて剪定する、といった感じです・・。

 

それでも初心者は初心者なりに、数度剪定するとその木の成長の特徴が分かってきて、その特徴に合わせていろいろ工夫することも覚えます。

 

剪定作業をして成長する木々は、一層愛おしくなりますね~。

おおげさですが、手塩に掛ける、とはこのことでしょうか!?

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎