saienyosikoのブログ

神奈川県沿岸部在住。庭の隙間で家庭菜園をはじめて10年目です。虫たちの日常を垣間見ながらの楽しい毎日です。

ツルなしインゲン栽培(プランター)・・・台風の時期の8月、ツルなし を種蒔き。 

f:id:saienyosiko:20200727160800j:plain
f:id:saienyosiko:20200725124629j:plain
f:id:saienyosiko:20200725123626j:plain

 

 

野菜高騰の今夏、8月に種蒔き出来て短期間で収穫できる野菜は・・・はやどりコマツナ(種まきから25日で収穫)、ミニチンゲンサイ(種まきから25日で収穫)、シュンギク(繰り返し収穫可能)、二十日ダイコン、コカブなどですね。

 

葉物野菜は比較的収穫までの日数が短いのですが、夏は害虫被害が多く、防虫ネットをかける等の対策は必須。

 

夏の時期は、どの野菜も害虫被害は避けられないのですが、特に葉物野菜は原形不明なくらいに食害されるので、できれば夏の時期の葉物野菜栽培は避けたいところですが・・。

 

葉物以外の野菜で8月に種蒔きできるのは・・・ツルなしインゲンの種袋を見ると、8月は種蒔き期となっています。

インゲンが8月に種蒔きできるとは知らなかった!

 

そうと知ったら、早速、8月に種蒔き実行。

興味のおもむくままに行動する、ことはとても楽しいですね~。

低温が好きなインゲンが8月に種蒔適期とは、いささか大丈夫? と疑問を呈しながらも、興味が止まらない。

 

通常5月に種蒔きして7月、8月と収穫しますが、8月に種蒔きして9月終わり頃から収穫できれば、1年に2度、収穫を楽しめるということになりますね~。

 

しかも、種袋には 超多収 と記載されているではありませんか!?

期待感倍増!!

 

* 種蒔できない品種と地域もあるので、種袋裏の種蒔き時期の確認が必要です。

 

8月は台風の季節でもあるので、8月初旬の今、種蒔きをするのであれば、台風の影響をまともに受けてしまうツル有インゲンよりはツルなしインゲンの方が良さそうです。

 

台風時に移動して避難できることを考えて、プランターでツルなしインゲンを育てることにしました。

 

 

 

目次

 

f:id:saienyosiko:20200801172211j:plain
f:id:saienyosiko:20200801172222j:plain

 

栽培環境等 

科名        マメ科

発芽適温      25℃ (種袋裏の記載による)

生育適温      20℃前後 (種袋裏の記載による)

発芽までの日数   5~8日が目安 (種袋裏の記載による)

収穫までに日数   2か月

 

栽培のポイント

肥料と水分が不足するとサヤが育たないので、特に花が咲き出したら定期的な追肥と土が乾燥しているようならたっぷり水やりして管理します。

 

種蒔き

 深さ30㎝以上のプランターが適当です。

直接種蒔きしても発芽が容易な暖かい時期は、直接プランターに種蒔きした方が移し替えの面倒もなく簡単です。

 

  • 2㎝の厚さの鉢底石をプランター底に敷きます。

 

  • 水やり時に水がプランター上から流れ出ないようにするために、プランター上部の3㎝下くらいまで野菜培養土を入れます。 

 

  • 20~30㎝間隔(プランターが大きければ30㎝間隔)に、1箇所に3粒の種を深さ1㎝に撒き土をかけます。

 

  • 土と種が密着するように土表面を手のひらで抑えます。

 

  • プランター底から流れ出るくらいにたっぷり水やりします。

 

 以上で種蒔き作業は終了です。

インゲンは、種まき後は鳥による食害に注意、と言われるので不織布等をかけて予防します。

 

f:id:saienyosiko:20200807153216j:plain

 

 

 

間引きと支柱たて

 

本葉が開いたら、鳥除けの不織布等を外して1箇所に2本を残して残りの1本を引き抜きます(間引き)。

1箇所に2本を残すことで、お互いに支えあって上に伸び、また収穫量も増えます。

 

草丈が50㎝ほどに伸びますので、株が倒れそうに伸びたら株のわきに支柱を立てて、紐で株を支柱に結んで(誘引)、倒れないように補強します。

 

追肥

種蒔き1か月後から、2週間おきに化成肥料、もしくは、ぼかし肥を1つかみ(10g)を全体にパラパラ撒く、または液体肥料を1週間おきに規定量に薄めて撒きます。

 

収穫

開花から10日ほど、サヤの大きさ12~13㎝が、柔らかくて美味しい収穫適期です。

サヤが15㎝くらいまでに収穫します。

 

 

ツルなしインゲンは収穫時期が約1か月と言われています。

台風に負けず、美味しい旬の味をいただきたいですね~。

 

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200529152057j:plain

 

ミニニンジン栽培(プランター)・・・8月に種蒔きできる野菜、夏は日陰で良く育つ!

f:id:saienyosiko:20200727160800j:plain
f:id:saienyosiko:20200725124629j:plain
f:id:saienyosiko:20200725123626j:plain

 

 

しばらくは野菜の高値が続きそうなので、持っているプランターを総動員させて種撒きをしています。

 

真夏の7月、8月、夏真っ盛りの時期は種蒔適期である野菜が少ない中、ニンジンは8月が種蒔き適期ですね~。

 

f:id:saienyosiko:20200728135454j:plain
f:id:saienyosiko:20200728135504j:plain



今回は地植えする場所もなく小さめのプランターしか残されていないので、ミニニンジンの種蒔きをすることにします。

 

ニンジン栽培の一番の問題は、まず発芽できるか、です。

発芽が難しい種子 ということになりますね。

ニンジンの種子は好光性種子と言って 光を感じて発芽する種子、です。

 

ですので、種蒔き時に通常通りの土をかけてしまうと発芽しない、ということになってしまいます。

 

種蒔後に光を遮断しないように、種が見え隠れする程度の薄い土をかける、ことが発芽させるポイントになります。

 

地中で育つニンジン栽培に用意するプランターは、深さ20㎝以上のものが適当です。

プランターでは、根の部分(いわゆるニンジンの部分)が短い、三寸ニンジンやミニニンジンが作りやすいです。

 

三寸ニンジンは種蒔から90~100日後、ミニニンジンは種蒔きから70~90日後が収穫の目安。

また、三寸ニンジンは直径3~4㎝、ミニニンジンは直径1~2㎝で収穫します。

 

ミニニンジンの栽培環境

科名       セリ科

発芽適温     15~25℃

生育適温     18~21℃

発芽日数     6~8日

収穫までの日数  70~90日

収穫期根長さ   10~12センチ

収穫期根の太さ  1.5~2㎝

 

 

ミニニンジンの栽培ポイント

生育適温は18~21℃と低めなので、8月の種蒔きで栽培する場合は直射日光の当たらない日陰気味な場所で育てるようにします。

 

 

 

ミニニンジン種蒔き

  • 深さ20㎝以上のプランター底に、厚さ2㎝ほどの厚底石を入れます。

 

  • プランター上から3㎝ほど下(水やり時に水がプランター上から流れ出ない高さ)まで野菜培養土を入れます。

 

  • 10㎝ほどの間を空けて、支柱等で深さ5mmほどの溝を作ります。

 

f:id:saienyosiko:20200422144346j:plain

 

種蒔きの溝を作る際に、支柱等一定の太さの棒を使用すると溝の深さが同じになって、発芽が揃います。

 

  • 溝に1㎝間隔に種蒔きします。

 

  • 2.5mmほどの厚さの土をかけて、土と種が密着するように軽く手のひらで土表面を抑えます。

 

  • プランター底から流れ出るくらいにたっぷりとやさしく水やりします。

 

以上で種蒔き作業終了です。

 

発芽まで乾燥させないように水やりをする、または新聞紙をかける等の乾燥対策をします。

新聞紙等をかけた場合は、発芽後は新聞紙等を外します。

雨降り続きの時期でしたら、水やりの心配もなく野ざらしで大丈夫。

 

 新聞紙を利用する場合は、こんな感じに新聞紙をのせるようにします。

 

f:id:saienyosiko:20200724160057j:plain

 

種蒔きから10日~2週間ほど経っても発芽が見られない時は、種蒔き時にかける土を前回よりも薄くして再度種蒔きします。

 

 5日後、発芽の様子。 雨降り続きで土は乾燥知らず状態、乾燥対策なしの野ざらしで発芽しました。

f:id:saienyosiko:20200804082559j:plain
f:id:saienyosiko:20200804082613j:plain

 

間引き

双葉が開いたら株の間が2㎝間隔、本葉が4~5枚になったら3 ~5 ㎝間隔になるように間引きをします。

 

双葉が開いたら2㎝間隔になるように余分な苗を引き抜く(間引き)。

f:id:saienyosiko:20200808111750j:plain

 

株を間引いた後は、株元に土を寄せ手で抑えて株元がぐらつかないようにします。

 

 適切に間引きをすることで、地中のニンジンが太ります。

 

 

 

追肥

種蒔き1か月後から2週間おきに化成肥料、もしくは、ぼかし肥を1つかみ(10g)をパラパラ撒く、または,1週間おきに液体肥料を規定通り薄めて追肥します。

 

 定期的な追肥と、土が乾燥したらたっぷり水やりをしながら収穫まで管理します。

 

 

 収穫

種蒔きから70~90日後が収穫の目安で、根元が1.5~2㎝の太さになったら収穫適期です。

収穫が遅れると、スが入ったり空洞になったりしますので、遅れないように収穫します。

 

 

8月初旬の種蒔きですと、収穫は10月以降ですね~。

10月は暑い夏も終わり少し寂しさを感じる頃ですが、ニンジン収穫ができる時期となれば待ち遠しくなります。

 

春、夏、秋、冬、と1年中、育てる野菜は事欠かないので、以前は季節の移り変わりに寂しさを感じることも有りましたが、野菜を育てるようになってからは季節が変わるたびに次に育てる野菜のことを考えただけで心ワクワク踊ってしまいます。

 

今や、野菜づくりは生活の一部になってしまっています。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

 

トマト苗の管理・・・支柱先端を超えたら、ツル下ろし

f:id:saienyosiko:20200725124629j:plain
f:id:saienyosiko:20200725123626j:plain
f:id:saienyosiko:20200706130509j:plain

 

 

苗植え付けから約2か月、支柱の高さを越してしまったミニトマト苗。

そろそろ主枝を株元に引き下ろして高さを調整するころです。

 

f:id:saienyosiko:20200727160800j:plain

 

連日の雨の中、どちらかというと苗はヒョロヒョロ、ですが、実なり良し、味良しです。

f:id:saienyosiko:20200727154933j:plain

 

ミニトマトをプランターで育てる場合は、あんどん型の支柱を使用すると管理しやすいですが、残念ながらあんどん型の支柱はないので、太めの支柱1本を立てて管理しています。

 

できれば支柱を3本立てて、あんどん型にすると管理しやすいですよ。

 

 

 

主枝が支柱先端を超えてからの管理

支柱先端の高さまでトマト苗の主枝が伸びたら、株元の主枝を引き下げて管理しやすい高さにします。

 

  • 株元から30㎝くらい上までの高さの主枝についている葉を、ハサミで切り落とします。

 

葉を取り除いて、右写真のようにします。

f:id:saienyosiko:20200727161458j:plain
f:id:saienyosiko:20200727161515j:plain
  • 留めてある主枝を、1度支柱から外します。

 

  • 葉を取り除いた主枝を、折らないように優しく株元に引き下ろします。

 

  • 引きおろした主枝をプランターの上に這わせのせるようにします。

 

f:id:saienyosiko:20200727161939j:plain

 

  • 適当な箇所で主枝を支柱に留めます。

 

主枝が支柱先端を越したら、再び株元から30㎝ほどの長さを株元に引きおろす作業を繰り返して、引きおろした主枝はプランターの上に這わせるように回し重ねながら管理します。

 

1度に引き下ろす主枝の長さは、株にあまりストレスにならないように30㎝ほどが限度、を目安にします。

 

支柱1本で管理しているこの場合は、脇芽は随時取り除いて主枝1本だけを伸ばして管理しやすくします。

 

あんどん型支柱ですと、支柱外側に主枝を回し伸ばすことができるので、コンパクトに管理しやすくなりますね。

 

 どんな管理法も、トマトが収穫できる、に尽きるので、スペースに合った管理しやすい方法はそれぞれですね~。

 

乾燥が得意なミニトマト苗ですが、植え付けから今のところ雨続きで太陽の出番なし。

そのせいか、苗はヒョロヒョロと貧弱に伸びていますが、その割に実は鈴なり。

苗は貧弱ですが、鈴なりの実は甘くて美味!

 

ミニトマトは、1株に100個の収穫ができれば上出来ですね~。

野菜高値の今、少しでも多くの野菜が収穫できることを願うばかり。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

ミツバ発芽!・・・土をかけない代わりに新聞紙をかけて乾燥防止。

f:id:saienyosiko:20200725124629j:plain
f:id:saienyosiko:20200725123626j:plain
f:id:saienyosiko:20200706130509j:plain

 

水分をたっぷり含んでいる土壌は、種蒔には好条件。

ほとんどの野菜の発芽環境で最重要なのは、発芽までは乾燥させないこと。

 

連日太陽が出ないので湿度が高いことを除けば、気温は酷暑というより、この時期としては涼しめ。

種蒔きすると、雨のおかげで水やり無しで簡単に発芽します。

 

発芽が難しいミツバも種蒔きから3日後、簡単に発芽しました。

好光性種子(光を感じて発芽し、土をかけすぎると発芽しない種子)の代表であるミツバは、発芽には光と水分が必要で、なかなか苦労するところ。

 

 

 

ミツバを発芽させるコツ

発芽まで乾燥させないこと、がポイントになります。

種蒔き後、土はかけないで種と土が密着するように軽く手のひらで土表面を押して、プランター底から流れ出るくらいたっぷり水やりした後、新聞紙をかけます。

 

新聞紙を土の上にのせるようにして、風で飛ばないように洗濯ばさみで留めます。

 

f:id:saienyosiko:20200726123556j:plain

 

新聞紙をのせることで、水分の蒸発を防ぐことができます。

種蒔きから3日後、新聞紙を外すと細くて白い芽が顔を出していました。

発芽後は、すぐ新聞紙を外して管理します。

発芽後、新聞紙をしたままですと、ヒョロヒョロの苗になってしまうので・・。

 

好光性種子なのに新聞紙を被せるの? と首をかしげたくなりますが、新聞紙を被せて感じる光くらいで発芽できる、ということですね。

 

種蒔きから4日後。

 

f:id:saienyosiko:20200726125516j:plain

 

 種蒔きから6日後。

 

f:id:saienyosiko:20200726125656j:plain


発芽成功ですね~!

 

雨降りが続いているのであれば、新聞紙をかぶせないでそのまま野ざらしで発芽します。

 

もともとは、水辺で自生しているミツバですので乾燥が苦手、日陰で育つ方が柔らかい葉が収穫できるくらい日陰でも良く育ちます。

 

日陰でも良く育つとなれば、日当たりの良い場所が少ない庭でも栽培できますね~。

暑い夏、水切れに注意すれば、繰り返し収穫できるありがたい野菜です。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

今年もまた待望の、オクラの花が咲いた!・・・種蒔きから収穫までは2か月。

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

 今日も雨、朝から遠くでセミの声が聞こえます。

7月も終わりだというのに、ず~っと雨で、セミの出番も少なげ。

セミもなかなか大変なのですね~。

 

今年の夏は、野菜高騰が続いていて、大変なのはセミだけではなさそう。

プランターには強風で疲労困憊した後、復活しそうなモロッコインゲン苗に小さなサヤが鈴なり状態、完全復活の気配にニンマリ。

 

そして、一昨日から、待望のオクラが開花!

庭にいながらにして、南国気分を味あわせてくれるオクラの花。

今年も、夏が来たっー!!

 

f:id:saienyosiko:20200725123626j:plain

 

雨の中に咲いていても、オクラの花は華やかですね~。

 

そして、オクラの花の上に沢山の蕾。

 

f:id:saienyosiko:20200725124412j:plain

 

翌日には花が落ちて、実が顔を出しました。

野菜高値の時期、オクラの収穫期がやって来るとは、なんとありがたいことか・・。

 

雨の中、オクラの葉はどれも、多くの日差しを浴びるために、葉を大きく広げて空に向かって背伸びしているように見えます。

 

f:id:saienyosiko:20200725124629j:plain

 

 

 

 株間15㎝ですので、大きい葉っぱは窮屈そう。

オクラは、草丈が1.5メートルほどにもなり、ヒマワリのようなたたずまいになります。

 

小さな庭に植えるので、大株にならないように、あえて株間を通常の半分にしてあります。

通常オクラの株間は30㎝と言われますが、株数が多くなるので収穫量も増える、栽培終了時に株を引き抜く際の作業が楽になる、ということを見込んで株間を15㎝にしてあります。

 

今年、はじめてアブラムシ除けにシルバーマルチをしたせいか、1か月以上の雨続きにもかかわらず、オクラの株はいつもより立派に育っています。

これ、マルチ効果ですね~。

 

マルチは、保温、保湿効果があり、特に生育初期の成長が良くなる効果が期待できるようです。

 

オクラは、種蒔から収穫まで約2か月、花が咲いてから収穫まで約1週間。

5月末日に種蒔き、7月23日に花が咲き、1週間後に収穫、ぴったり2か月です!

 

オクラの体内時計は、正確なのですね~。

決まった時期になるまでエネルギーを蓄えて、はじめて花が咲き実がなる、ということになりますね。

 

花が咲き始めたので、そろそろ追肥を開始する時期です。

2週間おきに化成肥料、もしくは、ぼかし肥を1㎡あたり1握り(30g)をパラパラ撒きます。マルチをしている場合は、株ごとに1つまみ(3g)をマルチ穴の株元に撒きます。

 

角オクラであればサヤが7~8㎝(10㎝になる前)、丸オクラであればサヤが12~15㎝(20㎝になる前)、が収穫の目安。

大きくなってしまうと筋張って硬く食べられなくなりますので、実ができたら3~4日後に成長具合を見てみると良いですよ~。

 

 収穫時は、下葉を一緒に切り取って収穫します。

 

真夏の暑さが得意なオクラ、これからオクラの出番ですね~。

 

 本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

野菜価格高騰、そんな時は・・・虫除け効果のあるシュンギクと一緒に、 コカブ栽培! (プランター 夏撒き)

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

長期の悪天候で野菜の高値が続きそうな気配なので、昨日に引き続いて、慌てて種蒔き。

 

通常、葉物野菜は、虫がいなくなってからの秋の終わりくらいから種まきをするのですが、野菜の価格が随分上がっていて、しばらく続きそうなので昨日から種蒔き開始。

 

暖かい時期の葉物野菜は、虫たちの餌食になってしまうのが常で、防虫ネット等をして防虫対策をしっかりしないと、せっせと育てたのにすべては虫に食べられて・・・残念、となってしまいます。

 

特に、アブラナ科の野菜全般は虫が付きやすいです。

アブラナ科であるコカブも虫が付きやすいので、虫を避ける効果があるシュンギク(キク科)と一緒に種蒔きすることにしました。

 

f:id:saienyosiko:20200724160936j:plain

 

 シュンギクは繰り返し収穫できるので、野菜が高騰している時期などは特に、長期に渡って収穫可能なありがた~い野菜です。

 

コカブの収穫は終わっても、シュンギクの収穫が続くという1つのプランターで2度美味しい、ということになりますね。

 

しかし、1つ、問題が・・。

種袋裏を見ると、コカブ、シュンギク、どちらも3月~11月までは種蒔き時期となっていますが。

酷暑期は発芽、生育不良防止のため、種蒔は控えてください、 と記載されています。

 

ここです。

f:id:saienyosiko:20200725115002j:plain

 

種袋裏に記載されていることは、栽培するにあたって大事な事項が書かれています。

たとえば、発芽適温や生育適温等、見逃してはもったいない!

 

しかし、今回は・・・一応、時期としては酷暑期真っ只中、実のところは避けたい時期ですが、連日の雨で酷暑には程遠く、しかも野菜高騰という余裕のない現実・・・種袋裏の記載事項に反して 苦渋の決断、種蒔実行!

 

コカブ、シュンギクはともに、生育適温が15~20℃と涼しい環境を好むので、酷暑であれば、7月と8月の種蒔きは避けた方が無難です。

 

プランターは深さ20㎝以上の物を用意します。

 

 

 

コカブ栽培環境

科名       アブラナ科

発芽適温     20~25℃

生育適温     15~20℃

収穫までの期間  1.5~2か月 その間収穫まで間引き菜が楽しめる。

 

シュンギク栽培環境

科名       キク科

発芽適温     15~20℃

生育適温     15~20℃

収穫までの期間  1か月

 

コカブ種蒔き

  • 10~15㎝の間隔をあけて、支柱等で深さ1㎝の溝と深さ5㎜の溝を2列作ります。

 

f:id:saienyosiko:20200422144346j:plain

 

  • まずは深さ1㎝の溝1列に、コカブの種を1cm間隔で撒きます。

 

  • 土をかけ、種と土が密着するように軽く手で抑えます。 

 

 シュンギク種蒔き

  • 深さ5㎜の溝に1㎝間隔で種蒔きします。

 

  • 厚さ2.5~5㎜ほどの土をかけて、土と種が密着するように手のひらで土表面を軽く押します。

 

シュンギクは光を感じて発芽する種子(好光性種子)ですので、覆土量が多いと発芽しないので要注意です。

 

 コマツナとシュンギクの種蒔き後、プランター底から流れ出るくらいたっぷり優しく水やりします。

 

水やり後、新聞紙を敷いておくと、乾燥を防止できて3~4日後には発芽が見られます。

 

 こんな感じ。飛ばないように洗濯ばさみで留めました。

f:id:saienyosiko:20200724160057j:plain

 

発芽後は新聞紙を外します。

虫除け効果のあるシュンギクですが、薬剤のようにまったく虫を寄せ付けない、というわけではないので、発芽後に防虫ネットをかけます。

 

f:id:saienyosiko:20200723155832j:plain

 

プランター両端と中央の3か所に、U字型に曲げた針金を土に挿して防虫ネットの支えとしました。

 

 

 

発芽後の管理 

 

f:id:saienyosiko:20200728103956j:plain

 

コカブ、シュンギクともに本葉1~2枚のなったら3㎝間隔、本葉3~4枚で6㎝間隔、本葉4~5枚になったら10㎝間隔に間引きをし、間引きの際は根元に土を寄せて株がぐらつかないようにします。

 

種蒔き1か月後から2週間おきに、化成肥料、もしくは ぼかし肥 を1つかみ(10g)をパラパラ撒く、または1週間おきに液体肥料を適量撒きます。

 

土が乾燥しているようならたっぷり水やりをして管理します。

間引いた苗は、食べれますよ~。

 

収穫

コカブは地際に膨らんだ球が、直径5㎝ほどになったら収穫時期です。

 

シュンギクは脇芽が10㎝ほどになったら収穫し、草丈30㎝ほどになったら根元から下葉3~4枚ほど残して主枝を切り取って収穫すると、再び脇芽が出て来ます。

 

 

コカブとシュンギクの種蒔きをしたからには、今年の夏は酷暑にならないことを願うばかり。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain

 

野菜価格高騰、そんな時は・・・短期間で育つ野菜、ミニチンゲンサイ!(プランター 夏撒き)

f:id:saienyosiko:20200630113458j:plain
f:id:saienyosiko:20200630092514j:plain
f:id:saienyosiko:20200606132804j:plain

 

 

長期にわたる悪天候によって野菜は高値、ある程度予測はしていたものの、実際の価格高騰を目にすると・・大慌て、困った~!

高値でも、野菜は毎日たくさん食べたい。

そこで、少しでも多くの野菜収穫を目指して、早速種蒔き。

 

短期で収穫できる野菜と言えば葉物野菜。

極短期で収穫できるメジャーな野菜は、ミニチンゲンサイやコカブなどですね~。

 

普段からチンゲンサイは、ミニチンゲンサイを選んで種蒔きします。

プランターでも簡単に栽培できる野菜です。

夏の今でしたら、種蒔から25日で収穫、とかなり最短で収穫できるのです。

 

種蒔きから収穫まで日数が少ないということは、病害虫被害を受ける日数も少ないということ、草丈10~15㎝で収穫できるので、切らずにそのまま料理に使用できて見た目が可愛らしいということ、の2つの理由からミニチンゲンサイを選んでいます。

 

ミニのチンゲンサイは、ミニチュアのようなかわいらしい見た目と株全体の柔らかさが特徴です。

 

 

 

 

ミニチンゲンサイの栽培環境

科名       アブラナ科

発芽適温     20~25℃

生育適温     20℃前後

 

f:id:saienyosiko:20200723154030j:plain
f:id:saienyosiko:20200723154049j:plain

 

種蒔き時期も3~12月と長期間に渡っていて、ほぼ1年中栽培できるお手軽野菜です。 

 

 種蒔き

プランターは深さ15㎝以上もあれば適当。

収穫期間が短いので、鉢底石がなくても良しです。

収穫まで追肥をしないで一気に育てます。

 

  • プランター上部から3㎝ほど下まで野菜培養土を入れます。

 

  • 横列10~15㎝間隔にして、支柱等で深さ1㎝ほどの深さの溝を作ります。

 

  • 溝に1㎝ほどの間隔に種蒔きします。

 

  • 土をかけて、種と土が密着するように手のひらで土表面を軽く押します。

 

  • プランター底から水が流れ出るくらいにたっぷり優しく水やりします。

 

  • ミニチンゲンサイは、アブラナ科ですので、アブラムシ等の害虫が付きやすい野菜ですので、種まき後はすぐに防虫ネットをかけます。

 

f:id:saienyosiko:20200723155832j:plain

 

プランターの両端と中央の3か所に、U字型にした針金を挿して防虫ネットを支える支柱としました。

 

以上で、種蒔き作業は終了です。

 

発芽後の管理

 

f:id:saienyosiko:20200728104131j:plain

 

種蒔き後、3~4日が発芽の目安。

発芽が揃ったら2~3㎝間隔、本葉が2~3枚になったら5㎝間隔に間引きをして、間引き後は、根元に土を寄せて苗がぐらつかないように手で抑えます。

 

f:id:saienyosiko:20200728104209j:plain

 

土が乾燥しているようなら、たっぷり水やりしながら収穫まで管理します。

 

 

収穫

草丈10~15㎝ほどを目安に、株根元がぷっくらとしてチンゲンサイの形になってきたら収穫です。

収穫までの目安は、夏の時期は25日、春や秋は40日です。

 

 

超特急でミニチュアチンゲンサイの出来上がりです。

そのままの姿で、炒め物や天ぷらなど楽しめますよ~。

ミニチンゲンサイ、1度育てたら病みつきになるくらい可愛らしい、おすすめ野菜です。

 

本日はこれにて失礼いたします~。🎎

 

f:id:saienyosiko:20200510170519j:plain